【JAZZ】西藤ヒロノブ Island Jazz Tour 2015@モーション・ブルー・ヨコハマ

“ジャズの醍醐味”と言われているライヴの“予習”をやっちゃおうというヴァーチャルな企画“出掛ける前からジャズ気分”。今回は、西藤ヒロノブが新たに組んだクァルテットによるツアーの横浜公演。

♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪

西藤ヒロノブ Island Jazz Tour 2015@MBY
西藤ヒロノブ Island Jazz Tour 2015@MBY

西藤ヒロノブの評価は日本よりも海外のほうが高いと言える。

日本でのジャズ・ギターへの評価は保守的で、フュージョンというカテゴリーに入れるには彼のギターはロックっぽくないからだ。ということで、ギタリストとしての期待値はかなり高いにもかかわらず、「ジャズ(あるいはジャズ系)ギタリストの西藤ヒロノブ」と紹介することにためらっているメディアが多いようなのだ。

その“ジャズ系ギタリスト”の新たな動きのなかではカート・ローゼンウィンケルの活動に注目が集まっているようなところがあるのだけれど、西藤ヒロノブの方向性はカートとも違っていて、それを彼は“アイランド・ジャズ”と称したりしている。

言葉にしてしまえば、1980年代から90年代にかけて隆盛したヒーリング、あるいはスムース・ジャズなどの要素を洗練させて次世代対応に進化させたコンセプトなのだけれど、新世代ならではと感じるのが、自然をどう表現するのかというアプローチにあったりする。

だから、旧カテゴリーの延長線上にあると紹介できない理由にもなっているのだが。

枠にとらわれない国際派ギタリストのニュー・コンセプトに期待

Island JAZZ TOUR 2015は、西藤ヒロノブのブログの情報によれば、7月20日の名古屋に始まり、すでに京都、熊本、福岡などの公演を終えているようだ。横浜の翌日には南青山のBody & Soulで打ち上げるようなので、横浜に行くか、ズブッと長丁場になりそうな南青山を選ぶか、悩みどころかもしれない。

今回のツアーはクァルテット=4人編成で、「コンテンポラリー・ジャズにハワイのアンビエントなエッセンスを加えたニュー・コンセプトのセッションを披露」してくれるというアナウンスが届いている。

これまでも彼のステージでは、海を演出した、トータルで“アイランド・ジャズ”を表現しようという意図が伝わるものがあったのだけれど、今回はどんなヴァリエーションで海を感じさせてくれるのだろうか、楽しみだ。

画像

なお、モーション・ブルー・ヨコハマでは“YUKATA de JAZZ”という催しを8月いっぱいまで行なっている。これは、浴衣(ゆかた)や和装でモーション・ブルー・ヨコハマへライヴを観に行くと、オリジナル・カクテルをプレゼントしてくれるというもの。

夏の想い出づくりに、ジャズとカクテルを一緒に楽しむというのも一興だろう。

では、行ってきます!

●公演概要

8月3日(月) 開場18:00/開演19:30

会場:MOTION BLUE YOKOHAMA(横浜・みなとみらい)

出演:西藤ヒロノブ(ギター)、Tony Suggs(ピアノ)、日野“JINO”賢二(ベース)、Mark Whitfield Jr.(ドラム)

♪西藤ヒロノブカルテット 「Golden Circle」