朗読幻奏3【妄執】
朗読幻奏3【妄執】

“朗読幻奏”は、2013年の夏にスタートした古今東西の文学作品を朗読・演奏するシリーズ。首謀するのはスガダイロー(ピアノ)、日比谷カタン(ギター、朗読)、石井千鶴(小鼓、朗読)という3名。彼らは初回のゲストだった京極夏彦によって“音ノ刃”と命名されている。

日比谷カタンは2001年からアコースティック・ギターの弾き語りによる音楽活動を開始、石井千鶴はVOICE SPACE(東京芸術大学音楽学部の卒業生を中心とした、詩と音楽のコラボレーションを実験するパフォーマンス・グループ)への参加など、言葉と音楽との関係性に敏感な経歴をもつパフォーマー。石井千鶴とスガダイローは秘宝感(2010年結成のディープな進化系フリー・ジャズ・バンド)で共演という、オルタナティヴなカルチャー・シーンを先導する顔ぶれだ。

第3回を迎える“朗読幻奏”、朗読のテキストは芥川龍之介「地獄変」と泉鏡花「海神別荘」。ゲストに俳優の山口崇を迎えて、“妖の世界”を描こうとした2人の文豪の“言葉”を現代に“降ろそう”とするらしい。

そういえば今年は、3月に東京文化会館小ホールで行なわれた「武満徹ソングブック・コンサート」で自作詩を読む谷川俊太郎を観たり、伊藤志宏が8月にリリースした3人のチェリストとの共演作『タペストリア』で女優の緒川たまきが京極夏彦作品を読む曲を聴いたりと、“朗読”を絡ませた音楽活動に触れる機会があったことを思い出した。“朗読”への注目度が高まっているという“噂”は、あながち惹句だけではないのかもしれない。

さて、“音ノ刃”たちはどんな切り口で“朗読”の可能性を広げてくれるのかーー。

♪朗読幻奏 【姫と鬼】泉鏡花・京極夏彦の夜

●公演概要

9月5日(金) 開場 18:30/開演 19:00

会場:深川江戸資料館小劇場

出演:音ノ刃<スガダイロー(ピアノ)、日比谷カタン(ギター、朗読)、石井千鶴(小鼓、朗読)>、ゲスト:山口崇(朗読)、トークゲスト:東雅夫「鏡花と龍之介の親交をめぐって」