出掛ける前からジャズ気分:荒武裕一朗ソロ@Blues Alley Japan

●公演概要

4月6日(日) 開場 16:00/開演 17:30

会場:目黒Blues Alley Japan

出演:荒武裕一朗(ピアノ)、ゲスト:門馬由哉(ギター)

♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪  ♪

〜40代になっての初ソロピアノやります!2014〜

1974年宮崎市生まれ。ビクター音楽コンクールで優秀賞受賞。ピアニストとして都内を中心に精力的に活動中の荒武裕一朗。 学生時代に本田竹広氏のピアノに心酔し、福村博(tb)氏にジャズ理論を師事。 単身NYで研鑽を積み、菊池雅章氏にレッスンを受ける。これまでにリーダーアルバム6枚を発表。 そんな荒武裕一朗が、BAJでは初となるソロピアノを聴かせてくれる。 お見逃しなく!

出典:荒武裕一朗ソロ|BLUES ALLEY JAPAN
荒武裕一朗(ピアノ)、ゲスト:門馬由哉(ギター)
荒武裕一朗(ピアノ)、ゲスト:門馬由哉(ギター)

ピアノは基本的に独奏楽器です。

ジャズの歴史においても、ラグタイムのようなスタイルの演奏はもともとピアノのみで行なわれていました。

ということは、もともと足りないものを補う弾き方をめざすのではなく、完結していることを前提に楽器に立ち向かわなければならないのが、ピアニストとしての宿命であるとも言えます。

こうした“腹のくくり方”ができるかどうかが、ピアニストには求められると思います。

荒武裕一朗は、どんな”腹のくくり方”を見せてくれるのかーー。

♪荒武裕一朗トリオ

では、行ってきます!