#今月のテック 11月: Google Fiは安いのか?その狙いは?

11月28日に刷新されたGoogleのモバイルサービス(ウェブサイトより)

Googleは、独自のモバイルサービスの名前を「Google Fi」に改め、ロゴやサービスを刷新しました。このサービスは「Project Fi」と呼ばれてきたものです。

https://fi.google.com/about/

Google Fi、iOS向けにはアプリを用いて初期設定する(ウェブサイトより)
Google Fi、iOS向けにはアプリを用いて初期設定する(ウェブサイトより)

今回の刷新で、これまでGoogleブランドを中心としたAndroidスマートフォンに限られていた利用デバイスをiOSに拡げ、iPhoneでもGoogle Fiが利用できるようになりました。iPhoneで利用するためには、専用のアプリをインストールして使い始めるとのことですが、おそらくネットワークの切り替えやWi-Fiのためのプロファイルがインストールされる仕組みではないか、と思います。SIMが届いたら試してみたいところです。

なお、Google Fiは最新のiPhoneがサポートするeSIMに対応しておらず、これまで通りSIMカードを取り寄せてアクティベートする仕組みとなっています。

どんなサービス?

Google Fiは3つの携帯電話ネットワークとWi-Fiを自動的に切り替えながら通信することができる「MVNO」サービスです。

米国のT-Mobile、Sprint、US Cellularの4G LTE網の中から最も速度が速い回線を利用しつつ、Wi-Fiを併用してモバイルデータ通信の量を削減し、電話料金を安く抑えようというアイディアです。

料金プランはシンプルで、通話とSMS無制限の20ドルを基本にし、あとは1GB10ドルのレートで使った分のデータを支払う仕組みです。そのため、1.8GB使った場合は、データ部分は18ドル、合計で38ドルのケータイ料金になります。6GBまでは自動的にデータ料金が使われますが、そこで低速モードになり、使いすぎを防ぎます。

また日本を含む世界170カ国以上でローミング料金なしでの通話とデータ通信が利用可能な点も魅力的です。この仕様はT-Mobileと同様であり、Google FiのネットワークがT-Mobileを軸に組み立てられていることを示唆しています。

そもそも、この料金は米国で安いのか?

この記事は有料です。
松村太郎の「情報通信文化論」のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

松村太郎の「情報通信文化論」のバックナンバー2018年11月サンプル記事

松村太郎

価格

540(記事2本)

2018年11月号の有料記事一覧

すべて見る

米国カリフォルニア州バークレー在住の松村太郎が、東京・米国西海岸の2つの視点から、テクノロジーやカルチャーの今とこれからを分かりやすく読み解きます。毎回のテーマは、モバイル、ソーシャルなどのテクノロジービジネス、日本と米国西海岸が関係するカルチャー、これらが多面的に関連するライフスタイルなど、双方の生活者の視点でご紹介します。テーマのリクエストも受け付けています。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

1980年東京生まれ。現在、米国カリフォルニア州バークレー在住。モバイル・ソーシャルを中心とした新しいメディアとライフスタイル・ワークスタイルの関係をテーマに取材・執筆を行う他、企業のアドバイザリーや企画を手がける。テクノロジーを活用した新しい学びを研究・ビジネス化するキャスタリア株式会社取締役。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ