アメリカの年末商戦で目立ったのは?

過去最高の売上を記録した感謝祭開けの月曜日「サイバーマンデー」(写真:ロイター/アフロ)

アメリカは11月の第4木曜日に「サンクスギビング」(感謝祭)の祝日がありました。今年は11月23日がサンクスギビングにあたり、七面鳥を焼いて家族で過ごすのが習慣です。その翌日、11月24日は、ブラックフライデーと呼ばれる年末商戦の『初日』となるセールが行われるのが恒例です。

例えば電化製品であれば、量販店などは比較的高い単価の商品に大きな割引を設定して集客に努めます。これまでその目玉はテレビでしたが、今年はさほどテレビは目立たなかった印象。それよりは、Amazon EchoやGoogle Homeが50ドル台の廉価版を出し、これが30ドルほどに値引きされて販売されていたため、部屋ごとにスマートスピーカーを揃える、という年になったようです。

その代わり、普段あまり割引されないキッチンガジェットや、家電よりも高額な家具などは、ブラックフライデーを生かした買い物を楽しんだ人も。そんな今年のアメリカの年末商戦における、オンラインショッピングのトレンドについて、みていきましょう。

この記事は有料です。
松村太郎の「情報通信文化論」のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

松村太郎の「情報通信文化論」のバックナンバー2017年11月サンプル記事

松村太郎

価格

550(記事3本)

2017年11月号の有料記事一覧

すべて見る

米国カリフォルニア州バークレー在住の松村太郎が、東京・米国西海岸の2つの視点から、テクノロジーやカルチャーの今とこれからを分かりやすく読み解きます。毎回のテーマは、モバイル、ソーシャルなどのテクノロジービジネス、日本と米国西海岸が関係するカルチャー、これらが多面的に関連するライフスタイルなど、双方の生活者の視点でご紹介します。テーマのリクエストも受け付けています。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ