毎朝、起き抜けにニュースのヘッドラインを確認するのが日課ですが、今朝はさすがに驚きました。

Microsoftの音声アシスタントCortanaと、Amazonの音声アシスタントAlexaが、2017年内にお互いに呼び出せるようになる、というのです。

Alexa Meet Cortana, Cortana Meet Alexa: Amazon and Microsoft collaborate to help Alexa and Cortana talk to each other

http://www.businesswire.com/news/home/20170830005357/en/Alexa-Meet-Cortana-Cortana-Meet-Alexa/

例えば、WindowsパソコンでCortanaに「Alexaを呼び出して」と告げると、Alexaが登場し、Amazonでの注文を行うことができるようになります。一方Alexaに対応するAmazon Echoに「Cortanaを呼び出して」と話しかけ、Microsoft Officeにあるデータや予定表を確認することができるようになります。

この話は2016年5月にAmazonのCEO、ジェフ・ベゾス氏から、Microsoft CEOのサティア・ナデラ氏に持ちかけたと報じられています。そのベゾス氏はコメントで、「異なるスキル分野を得意とするAIアシスタントが共存することで、顧客の豊かで役に立つ体験を提供できる」としています。

またMicrosoftのナデラ氏は、「Cortanaをどこでも、どんな端末でも利用できるようにすることが最優先」としており、双方の思惑が一致していることがわかります。

  1. 目次

- Amazon Echoへの不満と解消

- 仲間はずれのSiriとGoogleアシスタントは?

- 音声アシスタント以外の「賢さ」

----

Amazon Echoへの不満と解消