カニエ・ウェストがツイッターとインスタグラムを辞めた理由

再び、復帰してくれることはあるのでしょうか。(写真:ロイター/アフロ)

ラッパー、そしてプロデューサー、そしてデザイナーとしても活躍しているカニエ・ウェストが、TwitterとInstagramのアカウントを削除しました。

妻のキム・カーダシアンは、二人でコラボレーションした子供服のブランドのツイートに「@kanyewest」 とメンションしていますが、そこをマウスでクリックしても、リンクになっておらず、カニエ・ウェストのTwitterページにジャンプすることはありません。

カニエ・ウェストのTwitterやInstagramアカウントは、音楽やアルバムなどの最新情報等が得られた一方で、「TwitterはリアリティTV化している」として、さほど気に入っていない、嫌いだ、というコメントも見られました。

カニエ・ウェストは、KanyeUniverseCity.comという、非常に面白いブログを展開していましたが、2010年に閉鎖しています。アート、デザイン、そして日本…。彼の日々やアイディア、出会う人などは、非常に魅力的でした。

以下のページで、印象的なポストを振り返っています。村上隆氏のスタジオを訪ねたり、新宿伊勢丹で靴や靴下を約50万円分買い物したレシートなんかも紹介されています。

そのブログでも、Twitterについては、「ほぼ全ての時間、クリエイティブでいなければならない」としてストレスを露わにしてきました。

しかし、そのTwitter上で、「Instagramはやらない」と書き込んでいましたが、その後Instagramアカウントを開設しています。今回いずれも閉鎖されてしまいましたが。

プロのアーティストだからこそ、1つ1つの投稿に真剣に取り組むし、それがブランドにつながるし、疲れてしまう。しかし何か伝えたいし、表現したい。そんな複雑な思いも垣間見える一方で、「Twitterとインスタ辞めます!」という宣言自体がプロモーション、という見方もできます。

近い将来、ブログとともに、Twitter、Instagramに復帰してくれることに期待しています。

1980年東京生まれ。モバイル・ソーシャルを中心とした新しいメディアとライフスタイル・ワークスタイルの関係をテーマに取材・執筆を行う他、企業のアドバイザリーや企画を手がける。テクノロジーを活用した新しい学びを研究・ビジネス化するキャスタリア株式会社取締役。

有料ニュースの定期購読

松村太郎の「情報通信文化論」サンプル記事
月額330円(初月無料)
月4回程度
米国カリフォルニア州バークレー在住の松村太郎が、東京・米国西海岸の2つの視点から、テクノロジーやカルチャーの今とこれからを分かりやすく読み解きます。毎回のテーマは、モバイル、ソーシャルなどのテクノロジービジネス、日本と米国西海岸が関係するカルチャー、これらが多面的に関連するライフスタイルなど、双方の生活者の視点でご紹介します。テーマのリクエストも受け付けています。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ