米国でライドシェアアプリを使ったことがあるのはたった3割

米国で最も価値のあるユニコーン企業Uberも、意外と使われていない?(写真:ロイター/アフロ)

Dalia Researchによると、UberやLyftなどのライドシェアアプリを含むMobility Appを使ったことがある人は、世界の主要都市では40%以下、米国では30%しかいないそうです。

移動系アプリを経験したことがある人の割合は、中国で半数。via Statista
移動系アプリを経験したことがある人の割合は、中国で半数。via Statista

Dalia Researchの調査によると、モビリティアプリが最も普及しているのは中国で、50%の人たちに使用経験があるそうです。次いでメキシコ、ロシア、スペイン、ブラジルが、米国よりも上位にいます。Uberは未上場で最も価値があるとされるスタートアップ企業の1つですが、それでも、3割の人にしか経験してもらえてない、というのは意外でした。

モビリティアプリはライドシェアの他に、カーシェアやレンタカーなどが含まれ、例えばZipcarは、私の住むBerkeleyでも、駐車場にシェア用の車両が駐まっていたりします。ただ毎日の移動距離が長くなってくると、結局所有した方が格段に安くなってくるため、シェア系の移動手段だけに頼ってなんとかなる人は、限定されている、というイメージです。

Chart: Mobility Apps Have a Long Road Ahead to Mass Adoption | Statista

1980年東京生まれ。モバイル・ソーシャルを中心とした新しいメディアとライフスタイル・ワークスタイルの関係をテーマに取材・執筆を行う他、企業のアドバイザリーや企画を手がける。テクノロジーを活用した新しい学びを研究・ビジネス化するキャスタリア株式会社取締役。

有料ニュースの定期購読

松村太郎の「情報通信文化論」サンプル記事
月額330円(初月無料)
月4回程度
米国カリフォルニア州バークレー在住の松村太郎が、東京・米国西海岸の2つの視点から、テクノロジーやカルチャーの今とこれからを分かりやすく読み解きます。毎回のテーマは、モバイル、ソーシャルなどのテクノロジービジネス、日本と米国西海岸が関係するカルチャー、これらが多面的に関連するライフスタイルなど、双方の生活者の視点でご紹介します。テーマのリクエストも受け付けています。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    『イソジン』などポビドンヨード含有うがい薬、フリマアプリでの転売に注意。医薬品のため違法篠原修司8/4(火) 18:18
  2. 2
    『ポビドンヨードによるうがいは新型コロナを改善させる』は本当か?医師が解説堀向健太8/4(火) 21:32
  3. 3
    記録的ハリケーン「イサイアス」米上陸、首都やNYに最接近へ森さやか8/4(火) 12:45
  4. 4
    カゼの予防には、うがい薬は「使わない」ほうが良いらしいって、知っていました?市川衛2017/1/23(月) 7:30
  5. 5
    米津玄師による日本人初のフォートナイトライブ挑戦が秘める可能性徳力基彦8/1(土) 7:00
  6. 6
    接客業で多くみられる「マウスシールド」その有効性は【#コロナとどう暮らす】石田雅彦7/14(火) 9:30
  7. 7
    YouTuberで食べていくには,最低1万人以上の登録ユーザーが必要だ!しかし、本当に重要なのは…神田敏晶2019/6/21(金) 14:32
  8. 8
    『iPhone 12』発売10月に遅れか。アップルが公式に認める。新型コロナの影響防げず?篠原修司7/31(金) 16:48
  9. 9
    学生が「ぞくぞくした!」驚きのオンライン授業とは -案外おもしろい!試行錯誤のオンライン授業-五十嵐悠紀8/3(月) 13:47
  10. 10
    米国のTikTok規制でMicrosoftに買収されたらどうなるのか?神田敏晶8/3(月) 13:57