「GはGoogleのG」 - ラリーペイジ氏が新会社Alphabet設立、Googleを完全子会社化

Alphabetのウェブサイト http://abc.xyz/

Google創業者、ラリー・ペイジ氏が新会社Alphabetを設立し、Googleはその傘下に入る、という改組が行われました。これを受けてGoogle株は時間外取引で最大6%上昇しています。

ちなみに、Alphabetのウェブサイトのアドレスは「abc.xyz」。名前の由来は、投資に対する期待以上のリターン「アルファ」と、賭けを意味する「ベット」だそうです。

現在NASDAQ市場に公開されているGoogle株は、すべて自動的にAlphabet株に置き換えられた上で、GoogleはAlphabetの完全子会社になります。新Googleには、検索、Chromeの他に、Android、マップ、YouTube、広告、Appsなどの主要サービスが残りますが、それ以外はAlphabetに切り出されていくことになります。ちなみに、Alphabetが製品ブランドに使われることはないそうです。

ラリー・ペイジ氏はAlphabetのCEOに、パートナーのセルゲイ・ブリン氏はプレジデントにそれぞれ就任し、Alphabet傘下の新GoogleのCEOにはサンダー・ピチャイ氏が就任。同氏は検索やChromeのトップであったことから、ふさわしい人選といえます。

特に先端技術の研究開発部門であるGoogle X改めX Labs、投資部門となるGoogle VenturesやGoogle Capital、ドローン物流のWing、健康・医療事業を手がける Google X Life Science、寿命に関わる分子生物学を研究するCalicoなどがこれにあたり、Googleと対等なAlphabet傘下の企業、という位置づけに変わります。

多角化するGoogleを組織として整理し、経営力の強化を意味合いがあると思いますが、「次のGoogle」を生み出す仕組みの整備にも見えます。また、Alphabetが次にどんなアルファベットの企業を追加してくるのか、楽しみですね。

Google Announces Plans for New Operating Structure - Investor Relations - Google

1980年東京生まれ。モバイル・ソーシャルを中心とした新しいメディアとライフスタイル・ワークスタイルの関係をテーマに取材・執筆を行う他、企業のアドバイザリーや企画を手がける。テクノロジーを活用した新しい学びを研究・ビジネス化するキャスタリア株式会社取締役。

有料ニュースの定期購読

松村太郎の「情報通信文化論」サンプル記事
月額330円(初月無料)
月4回程度
米国カリフォルニア州バークレー在住の松村太郎が、東京・米国西海岸の2つの視点から、テクノロジーやカルチャーの今とこれからを分かりやすく読み解きます。毎回のテーマは、モバイル、ソーシャルなどのテクノロジービジネス、日本と米国西海岸が関係するカルチャー、これらが多面的に関連するライフスタイルなど、双方の生活者の視点でご紹介します。テーマのリクエストも受け付けています。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ