T-MobileがApple MusicのLTEデータ無料化で聴き放題に!そして9月8日という日付

音楽データ無料化のMusic FreedomにApple Musicを追加。(写真:ロイター/アフロ)

T-Mobile USAのCEO、John Legere氏はTwitterで、Apple Musicのデータ通信量を無償化することを発表しました。これで、T-Mobileの契約ユーザーは、LTE回線を使っていてもデータ通信量を気にせずに音楽が楽しめるようになります。

もともとT-Mobileは、 キャリアの常識を覆す「Uncarrier」戦略を打ち出していました。その第6弾として #MusicFreedom と呼ばれる、ストリーミング音楽のデータ無料化を打ち出してきました。

Pandra、Spotify、iTunes Radio等のサービスはこれに含まれていましたが、6月30日にスタートしたApple Music(とその前身となるBeats Music)は、この無料化の範囲に含まれてきませんでした。

とはいえ、私も含め、ユーザーとしては「やらないわけがない」と信じていた部分もあったわけで、7月28日のLegere氏のツイート以降、すぐに無料化が実施されました。これで、いちいち家のWi-Fiで「今日聴く音楽」を選んで出かけることなく、通勤や通学中にFor YouやNewの音楽やミュージックビデオを楽しめます。

日本でもストリーミング音楽が盛り上がってくれば、リスナーとしては、T-Mobileのような「音楽データ無料」、もしくは数百円の「音楽定額オプション」を提供してほしいですね。

「9月8日」iPhone向けJUMP! On Demandのキャンペーン終了日

さて、John Legere氏のビデオではもう一つ、憶測を呼びそうな情報が収められていました。このビデオはApple Musicが主題ではなく、月額料金を支払い続ければ最新のスマートフォンにいつでも交換できるJUMP! On DemandのiPhone向けキャンペーンのためのものでした。

このプランは、今使っているスマートフォンをT-Mobileの店頭で下取りに出して、iPhoneを新たに購入する際、iPhone 6で月額15ドルから、iPhone 6 Plusで月額19ドルからの固定料金で使い続けることができる仕組み。

もし24ヶ月支払っても、このキャンペーン金額なら360ドルで、298ドル安くiPhoneを手に入れることができます。しかも、このプランに入っていれば、今年の後半に発売されるiPhoneへの追加料金なしでの乗り換えられ、前述の月額15ドルも固定。

こうして、新型iPhoneを前に、先にT-Mobileに乗り換えるユーザーを増やしておこう、という施策なのです。

気になるのが、このキャンペーンの終了日が9月8日であること。雰囲気としては、この近辺で新型iPhoneが発表になるタイミング。T-Mobileが抱えているiPhone 6・iPhone 6 Plusの在庫整理と、新型iPhone商戦への先手が打て、顧客にとっては安くiPhoneを使い続けられる、絶妙なキャンペーンにも見えます。

ただ、シンプルさが売りだったT-Mobileのプランが、だんだん日本の携帯電話会社の契約のように複雑化している点は、コンセプトであるUncarrierに逆行するように感じます。

1980年東京生まれ。モバイル・ソーシャルを中心とした新しいメディアとライフスタイル・ワークスタイルの関係をテーマに取材・執筆を行う他、企業のアドバイザリーや企画を手がける。テクノロジーを活用した新しい学びを研究・ビジネス化するキャスタリア株式会社取締役。

有料ニュースの定期購読

松村太郎の「情報通信文化論」サンプル記事
月額330円(初月無料)
月4回程度
米国カリフォルニア州バークレー在住の松村太郎が、東京・米国西海岸の2つの視点から、テクノロジーやカルチャーの今とこれからを分かりやすく読み解きます。毎回のテーマは、モバイル、ソーシャルなどのテクノロジービジネス、日本と米国西海岸が関係するカルチャー、これらが多面的に関連するライフスタイルなど、双方の生活者の視点でご紹介します。テーマのリクエストも受け付けています。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。