米Yahoo!が文字+無声ビデオのメッセージアプリ「Livetext」をリリース

Livetext app via Yahoo!'s Tumblr

米Yahoo!は音声なしのビデオに文字を乗せてメッセージをやりとりするアプリ「Livetext」をリリースしました。世界的に重要度が増すメッセージアプリのカテゴリに、Yahoo!が新たなチャレンジを仕掛けることになります。

ビデオメッセージングといっても「コール」をする必要はなく、普通のメッセージアプリと同じようにメッセージを送ります。ただ、メッセージを作成中に自撮りのビデオが音声なしで相手に送られる仕組みです。

その代わり、自分のビデオには普通のチャットのように文字が躍ります。例えば表情やシチュエーションはビデオで送り、内容は文字で送る、というかたちでコミュニケーションを行うことができる仕組みです。

若者のメッセージアプリやビデオに関する深いリサーチが背景にあることを感じさせてくれる仕様。Facebookなどのメッセージングには、スタンプの代わりにアニメGIFが多用されるようになりましたが、見つけたり作ったりする手間もありました。

セルフィの無声ビデオであれば、そうした検索に時間をかけず、ビデオ付きのチャットができます。まあ、顔芸や、もしくは自撮りのグループショットなどが中心にはなりそうですが。ちなみに、グループチャットは現状できず、1:1のチャットになります。

例えば学校の教室で、あるいは電車の中で。声が出せないシチュエーションながら、友達とのコミュニケーションをより面白がりたい、そんな時に、音声なしのビデオとテキストの組み合わせがぴったりと言えるかもしれません。

台湾・香港でひっそりとリリースされたこのアプリは、米国・カナダ・英国・ドイツに拡大。はやく日本でも使えるようになると良いのですが、日米のYahoo! ID問題があるため、リリースは遠そうです。

Yahoo Livetext - A New Way to Connect | Yahoo

1980年東京生まれ。モバイル・ソーシャルを中心とした新しいメディアとライフスタイル・ワークスタイルの関係をテーマに取材・執筆を行う他、企業のアドバイザリーや企画を手がける。テクノロジーを活用した新しい学びを研究・ビジネス化するキャスタリア株式会社取締役。

有料ニュースの定期購読

松村太郎の「情報通信文化論」サンプル記事
月額330円(初月無料)
月4回程度
米国カリフォルニア州バークレー在住の松村太郎が、東京・米国西海岸の2つの視点から、テクノロジーやカルチャーの今とこれからを分かりやすく読み解きます。毎回のテーマは、モバイル、ソーシャルなどのテクノロジービジネス、日本と米国西海岸が関係するカルチャー、これらが多面的に関連するライフスタイルなど、双方の生活者の視点でご紹介します。テーマのリクエストも受け付けています。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ