iPhoneで使うキッチン温度計「Range」でお肉を焼こう

iPhoneに接続してアプリから利用するキッチン温度計「Range」

 スマートフォンをサバイバルナイフ的に活用する、というのはモバイルネイティブの行動パターンですが、スマートフォン単体でできることは画面の中の世界だけ。それ以外のことをするには、アクセサリが必要です。

 Kickstarterでは、こうしたアクセサリが量産体制。Bluetoothで接続するもの、ケースのようにつなぐもの、Lightning接続するものなど、いろいろあります。その中でも、イヤホンジャックで接続するタイプはコストの安さや汎用性の高さからプロジェクトの数も増えています。

 そんな中で、先日届いたのが「Range」というiPhone・iPad向けのキッチン温度計です。既にプロジェクトを達成し、ウェブサイトからプレオーダーできます。

・Superchemical:Range

RangeとiPhone。イヤホンジャックに接続するアクセサリは価格も安めで注目
RangeとiPhone。イヤホンジャックに接続するアクセサリは価格も安めで注目

 ステンレスで先の尖った肉用の温度計にシリコンの赤い取っ手が付き、そこから長いケーブルが伸びてiPhoneにつなぎます。耐熱性で、鍋やオーブンにも対応。ちなみに、鍋や湯温を測るための先が尖っていない代わりにより長いタイプもあります。

 どのように動作するか、こちらのビデオにまとめました。お肉も焼いてます。

 今までローストビーフやタタキを作る時に、温度変化などをあまり気にせずに作っていましたが、ここまで内部の温度が変わらないとは思いませんでした。5分たってもスタート時と同じ内部温度4℃。結果的に30分で温度に到達。ちょっと調理しすぎたかもしれません。

調理中の肉の内部の温度をこんなに細かく観察したことはありませんでした。
調理中の肉の内部の温度をこんなに細かく観察したことはありませんでした。

 確かにミディアムレアのお肉。非常においしく頂きました。

関連記事: TAROSITE.NET/review

1980年東京生まれ。モバイル・ソーシャルを中心とした新しいメディアとライフスタイル・ワークスタイルの関係をテーマに取材・執筆を行う他、企業のアドバイザリーや企画を手がける。テクノロジーを活用した新しい学びを研究・ビジネス化するキャスタリア株式会社取締役。

有料ニュースの定期購読

松村太郎の「情報通信文化論」サンプル記事
月額330円(初月無料)
月4回程度
米国カリフォルニア州バークレー在住の松村太郎が、東京・米国西海岸の2つの視点から、テクノロジーやカルチャーの今とこれからを分かりやすく読み解きます。毎回のテーマは、モバイル、ソーシャルなどのテクノロジービジネス、日本と米国西海岸が関係するカルチャー、これらが多面的に関連するライフスタイルなど、双方の生活者の視点でご紹介します。テーマのリクエストも受け付けています。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ