「Do you have juice?」と聞かれたら?

Duracell PowerMat。白とシルバーのデザインに進化した。

飲み会で「Do you have juice?」と聞かれたら、皆さんどうしますか?

手元にあるオレンジジュースを差し出して「飲んでも良いよー」なんて言っても首を傾げられてしまいます。Juiceとは米国の俗語でバッテリーのこと。スマートフォン化でコミュニケーションとそれ以外のことも担う重要なツールになった反面、夜にもなるとバッテリ切れを起こし始めて不安になるのは日本も米国も共通の話。

こういわれたら、もし外付けバッテリーを持っていれば、貸してあげると良さそうです。

LTE等の通信インフラと共に、バッテリーのインフラが整うと、もっと都市内の生活が快適になるかも知れません。そんなイメージを想起させてくれるのが、米国・ニューヨークのタクシーの中にあるデジタルサイネージで見たバッテリに関するカッコいいコマーシャル。Jay-Zを起用したDuracell Power Matの映像です。

街ゆく人それぞれに、スマートフォンのバッテリ残量が重ねられている点は、スマートフォンを使っている人であれば直感的に納得できます。夜のバーともなれば残量不足の人が多め。電池が少ないと、どことなく不安になってしまって、スマートフォンをいじるのを控えたりしますよね。にっちもさっちもいかないとき「Do you have juice?」と聞くことになるわけです。

Power Matのジャケットを装着したiPhoneを持っている人は、Power Mat対応バーのテーブルに置くだけで充電され、100%に回復しているところは面白い表現だと思いますし、このワイヤレス充電のインフラが整ったら良いな!と思わせてくれるところが上手いな、と。

ハッキリ数値や色で表現されるスマートフォンの電池残量に気遣うように、自分の健康状態や飲み過ぎサインなんかも可視化した方が良いんじゃないか、とすら思います。

日本にもワイヤレス充電のスマートフォンはたくさん登場していますが、日本のパナソニックなどが推しているQiとは別の模様。しかしワイヤレス充電がある生活を、クールに演出しているPower Matのように、これが普及したら何が起きるか?という未来を見せてくれると良いな、と思いました。

1980年東京生まれ。モバイル・ソーシャルを中心とした新しいメディアとライフスタイル・ワークスタイルの関係をテーマに取材・執筆を行う他、企業のアドバイザリーや企画を手がける。テクノロジーを活用した新しい学びを研究・ビジネス化するキャスタリア株式会社取締役。

有料ニュースの定期購読

松村太郎の「情報通信文化論」サンプル記事
月額330円(初月無料)
月4回程度
米国カリフォルニア州バークレー在住の松村太郎が、東京・米国西海岸の2つの視点から、テクノロジーやカルチャーの今とこれからを分かりやすく読み解きます。毎回のテーマは、モバイル、ソーシャルなどのテクノロジービジネス、日本と米国西海岸が関係するカルチャー、これらが多面的に関連するライフスタイルなど、双方の生活者の視点でご紹介します。テーマのリクエストも受け付けています。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ