老木ほど生長する! 森の扱いを考え直せ

縄文杉も、まだまだ生長している?

近年の日本の林業界でよく言われるのは「戦後植えた木が成熟してきた」「伐って使わなくてはならない」だ。「伐期が来た」という言い方もする。植えて50年経った森は、木を全部伐って再造林しようというのだ。

その理屈は、樹木も若い頃はどんどん成長するが、壮年期・老年期に入ると生長量が落ちて来る。森林全体の成長も、ある程度経つと止まってしまう。だから老木は伐って木材として使い、また若木を植えるのがよい……というものだ。木材生産という点から効率がよいだけでなく、二酸化炭素(CO2)の吸収など地球環境的にも好影響だとしている。

一見合理的で科学的なこの考え方は本当に正しいのか。また戦後植えてから50~60年くらいの木が多い日本の森林が、果たして「成熟」しているのだろうか。

実は、この考え方に根本的にひっくり返す研究が出ている。

イギリスの科学雑誌「ネイチャー」に、年老いた大きな樹木のほうが、若く小さい樹木よりも大気中のCO2を多く吸収しているという研究結果が発表されたのだ。(2014年01月15日)

研究チームは、403種の樹木67万3046本のデータを分析し、樹齢の高い大木の方が成長が速く、より多くのCO2を吸収していることを確認した。対象とした樹木の分布は6大陸にまたがり、最高齢の木は樹齢80年だった。

つい我々人間、つまり動物と同じように樹木も「老いたら成長しない」という思い込みがちだ。大木、つまり長く生きてきた老木は、生長が止まっていると考えてしまっていた。実際、若木はすくすくと樹高が伸び、幹回りも太るが、大木になると何年経っても変化しないように見える。

しかし大木ゆえ、仮に幹が1ミリ太るだけでも生長量は大きいし、梢より枝葉を広く長く伸ばすこともあるだろう。あるいは見えない根系が生長しているかもしれない。

そう考えると、老木を伐って苗木に植え替える方が地球温暖化に寄与する、という考え方自体を考え直さないといけない。すでに一本の樹木だけでなく、森林全体でも古い(大木の多い)森林の方が若木ばかりの森林よりCO2を吸収することが確認されているのだ。CO2の吸収量は成長量と比例するから、木材生産的にも長伐期の方が有利ということになる。

加えて森林の役割は、もっと多様だ。生物多様性や水源涵養機能などさまざまな面がある。それらの機能について調べた藤森隆郎博士(元森林総合研究所森林環境部長)は、森林の構造の発達段階に応じた機能変化のパターンをグラフに表わした。すると純生産量以外はみな、もっと成熟して老齢段階に入った森林の方が高いことを示した。

藤森隆郎著「林業がつくる日本の森林」より引用
藤森隆郎著「林業がつくる日本の森林」より引用

改めて考えると、50年程度は樹木にとって成熟とはとても言えない。上記の「ネイチャー」論文では80年生を老木としたが、実際は100年200年以上生きる樹木は多数あり、とくに林業の対象となる樹種は長生きするものばかりだ。

それなのに木材生産ばかりを考えて「伐期が来た」と伐ってしまうというのは、森林の機能を十分に発揮させないうちに破壊しているのも同然だ。50年で皆伐なんてとんでもない。「金の卵を産むニワトリを殺す」ようなものである。

抜本的な政策の転換を図るべきではなかろうか。