<ガンバ大阪> DFオ・ジェソクが期限付き移籍を決断。最後の練習で語った、ガンバ愛。

最後の練習を終えたあとのオ・ジェソク。(筆者撮影)

 6年半にわたって在籍したガンバ大阪の練習場を訪れた最後の日。期限付き移籍の決断に至る経緯を話すオ・ジェソクの目には涙が浮かんでいた。

「一生のお別れじゃないので、泣かないと決めていたのに。昨日まで我慢していたんだけどな」

 今回の移籍はあくまで『期限付き』だと考えても、明るく笑って旅立つつもりだったが、胸に秘めていた思いを言葉にすると、この6年半が蘇り、言葉に詰まった。

「今は正直、寂しさの方が大きいです。本当に急な話で1日で…正確には5時間くらいで結論を出したので、未だに自分でも信じられないような気持ちです。僕自身、このタイミングでガンバを離れることになるとは想像もしていなかったし、『仮にたった5試合しか出場できなくてもガンバが必要としてくれる限りはガンバのために戦おう』と思っていました。僕には言葉で言い表せないくらい、ガンバに対するたくさんの感謝の気持ちがあります。この6年半、本当にたくさんの人に支えられ、いろんな人たちの温かいサポートのおかげでサッカー選手としてだけではなく、人間的にも成長することができ、韓国代表としてもプレーできました。たくさんのタイトルも獲ることができました。僕自身もガンバでプレーすることが誇りだったし、僕の両親もガンバで戦う僕の姿を観ることをいつも楽しみにしてくれていました。ガンバが、本当に大好きでした」

 一旦、言葉を区切ると「ふぅ」と大きく息を吐き出して深呼吸をし、期限付き移籍の決断までの心の動きをたどるように、言葉を続けた。

「でも、一方で今シーズンのスタートにあたっては、いろんな部分で安定感がありすぎて、緊張感が少なくなっている自分に危機感を持っていました。この状況を変えなければいけないと、背番号の変更を考えた時期もあったし、とにかく新しく何かを始めなければいけないと思っていました。何を変化させればいいのか分からず、家の家具の配置を変えて気分を変えようともしました。そのくらい、自分に何らかの変化が必要だと思っていたし、変化が起きる予感もありました。その中で今回、FC東京からお話をいただきました。これまで、いくつか『興味を持っている』という話をもらった時には一度も動かなかった気持ちが、初めて動きました。もしかしたらこれは、11節のサガン鳥栖戦を終えた直後に感じたことと、どこかでリンクしていたのかもしれません。あの試合に負けてしまった後、僕は『ガンバに大きな変化が起きるかもしれない』と考えていました。実際、その後、チームは大きく動き、システムもメンバーも大きく変わりました。その中で初めて…おそらく14年にJ1に復帰してから、ケガや出場停止以外では初めて控えメンバーからも外れて、スタンドから試合を見て、若い選手が頑張っている姿を見ながらいろんなことを感じました。ベテランとしてチームが苦しむときになかなか貢献できなかったことに対して、申し訳ないという気持ちもありました。そんな風に自分の中に芽生えたいろんな感情や自分の立ち位置、年齢を考えたときに、自分にも大きな変化が必要だと思い、今がそのタイミングだと思って決断しました。そういう意味では、若い選手に背中を押してもらったと感謝しています。と言っても、今もガンバを離れる寂しさはあります。でも、新しいチームでも頑張って、ガンバで育ててもらったことを自信にして、ピッチで活躍している姿を皆さんにお見せすることが、僕の使命だと思っています。それが、このクラブや仲間に、たくさんの応援をいただいたガンバサポーターにできる、唯一の恩返しだと思うから。だから何がなんでも、頑張ります」

 思えば、ジェソクがガンバの一員になった13年。自身にとって初めてとなる海外移籍に、彼は苦しんでいた。言葉の壁にぶち当たり、サッカースタイルにも慣れず、J2リーグへの出場もわずかに5試合にとどまった。

「この決断は失敗だったかも」

 そう思って、帰国を考えたことも一度や二度ではない。それでも家族や恩師からの助言を受けて残ると決め、腹をくくっていろんなことに向き合った。サッカーはもちろん、日本語も驚くスピードで習得し、通訳を必要としなくなるくらい上達した。そんな彼なりの『覚悟』が実を結び、14年にはクラブ史上初となる『三冠』に大きく貢献。そのことを自信にしながら、以降のシーズンも、左右サイドバックができることを強みに、またフィジカルや対人の強さ、ハードワークを武器に、コンスタントにピッチに立ち続けた。

 また、その中で育まれた『ガンバ愛』や、生来の人懐っこさ、人間性もあってだろう。多くのファン・サポーターに愛され、彼らのことをジェソクもまた心から愛した。そんな相思相愛の関係を築きながら、気がつけば、その在籍年数は、外国籍選手としてはクラブ最長を数えていた。

「僕自身は、それを意識したわけではなかったのですが、ある時、周りの人に最長だと教えられてすごく嬉しい気持ちになったのを覚えています。冷静に考えると、僕はこれまでの歴史においてガンバがやってきたスタイルをうまく表現できる選手ではありませんでした。1年目はそのことにも苦しみました。でも、健太さん(長谷川監督/現FC東京監督)が守備を大切にする人で、僕のスタイルをうまくチームに落としこんでくれたおかげで、タイトルに貢献することができたし、韓国代表にも選ばれ、その後も長い時間をガンバで過ごすことができました。そう考えると、最初の3年は選手として成長できた時間だったし、そこから後の3年半は周りの人の温かさに触れながら、人として成長できた時間でした。いつか結婚して子供が生まれた時にいい『パパ』になるために、あるいは、指導者を目指すにあたっても、『ここでの時間や人との出会いは自分の人生にずっと生き続けるな』と思うことがたくさんあって、本当に素晴らしい3年半を過ごすことができました。だから…期限付き移籍の後、どういう道を歩くかはわかりませんが、いつか…10年後でも20年後でもいいから、できるならガンバに戻ってきたいと思っています。昨日、部屋の荷物を整理しながら、この6年半を思い返し、自分の中でそんな新しい目標ができました」

 1つ1つの言葉を大事に、噛み締めるように紡ぎ、そこで初めて笑顔を浮かべたジェソクは、最後に「ガンバのファン・サポーターの皆さんに伝えてください」と言葉を続けた。

「プロとしていつかこの日が来ることは覚悟していました。毎年、1年ずつの契約で、シーズンが終わるときにはいつも『ガンバを離れることもあるかもしれない』と覚悟して、過ごしてきました。それが今、このタイミングになってしまい、サポーターの皆さんに挨拶をできなかったのは心残りです。でも、僕はまだ引退するわけではありません。ユニフォームは変わっても、またサッカー場で会うことはできるし、その時には大きな愛で応援をしてくださった皆さんに感謝の気持ちを伝えたいと思っています。ガンバサポーターの皆さんがいなければ、今の自分はいません。僕がいい時も、悪い時も、変わらずに支えてくださったことに心から感謝していますし、僕の家族も皆さんに尊敬の気持ちを持っています。日本に来て、ガンバの一員になれて、本当に良かった。20代のほとんどをここで過ごせたのは僕にとって宝物です。ガンバでの日々を忘れずに、これからも感謝の気持ちを持って頑張っていきます。本当にありがとうございました。ガンバをこれからもよろしくお願いします」

 この日、期限付き移籍前の最後のトレーニングを終えたジェソクは、誰もいないグラウンドに向かって両手を大きく広げて全体を見渡し、深々と頭を下げた。

 過去への感謝と、これから始まる新しい未来への希望。その両方を胸に、新しいチャレンジに足を踏み出した瞬間だった。