<ガンバ大阪>YBCルヴァンカップ・グループリーグは大敗からスタート。

サンフレッチェ広島とのルヴァンカップ・グループリーグ初戦。直近のリーグ戦からメンバーを全員入れ替えて臨んできた広島に対し、ガンバはリーグ戦とほぼ同じメンバーが先発を飾るも、立ち上がりから個人としても、組織としても乱れが目立ちミスから失点を繰り返して0-3で折り返す。メンバーを二人入れ替えて臨んだ後半は、前半よりは攻撃に動きが生まれたものの、相手を切り崩すような形は作れず、さらに1点を失って0-4で敗れた。試合後のガンバ大阪監督、選手のコメントをお届けする。

●レヴィー・クルピ監督

非常にコメントしづらいゲームです。これほど恥ずかしい思いをした試合は私の経験の中でも、本当に長い間なかったと思います。そしてガンバ大阪というのは、これから先、こんな酷い試合はおそらく2度とないだろうと思います。その責任は当然私にあり、そしてプレーをしている選手にもあると思います。今日の試合で唯一良かったのは、大勢のサポーターのみなさんが駆けつけてくださり、応援してくださったことだけかもしれません。こんな敗戦を決して受け入れてはいけないと思います。我々は、ここからチームを立て直していかなければいけないし、立て直していきたいと思っています。

ー前半が悪すぎたと思いますが、原因はどう分析しますか。

非常に説明が難しいところです。なぜならばJリーグの試合においては、負けこそしましたが、対戦相手と互角な試合をできる、そういう試合が2試合だったと思います。しかしながら、今日は広島さんがメンバーを全員入れ替えて臨まれたこともあってか、心理的な問題もあったかもしれません。対戦相手は非常にモチベーションが高かった、それに対して我々はそれほどモチベーションがあがっていなかったという、そう言うところかもしれません。しかし、私にはそういう言い訳は一切許されません。レギュラーだと思われるベースをそのまま維持しながら継続性をもたせ、成長させたいと思っていたのですが、なぜこういう試合になったのか、それは明日選手たちに問いただしてみたいと思っています。

ー攻撃も守備もどちらも大事だと思いますが、いい攻撃ができていないから、いい守りになっていないのか、いい守りができないからいい攻撃ができないのか。改善すべき点をどう考えますか。

いまの質問に対しての答えはどちらも正しい答えになると思います。しっかり守れないからうまく攻めれない、うまく攻められないから、うまく守れない。攻めも守りもどちらもうまくいっていないということだと思います。

●FW長沢駿

監督からは1点取れば流れが変わるからと言われてピッチに立ちました。前半から見ていて厳しい戦いをしていたというか。全てがうまくいっていない感じがします。(後半も崩す形はほとんど見られない中で、ファンウィジョ選手のクロスに飛び込むしかないという展開になりました)そうですね、やっぱり後ろもそうですし、ボランチもそうですけど、結構余裕を持ってボールを持てていないし回しかたが悪いのか、顔の出しかたが悪いのか、前半のようにアデが一人張っていても厳しいというか…いつもそうですが、1トップの選手がかなり孤立しているのはあるし、今日はアデが入ってどうなるかなと思って見ていましたが、変わらずにアデ頼みという感じだったので。鹿島戦もそうで…名古屋戦とかは受けやすかったし、ボールを受けても近くに誰かがいてという感じだったので、できないはずはないので、そこは試合ごとに変えていっちゃうのはよくないなって思います。(相手にしたら1トップにボールを入れてくるのが見え見えで、守りやすかったのかなと思います)そうですね。とりあえず潰して後ろに流して、センターバックのもう一人がフォローするって言うやり方をしていましたし、一人で二人を相手するのはかなり難しいと思うので、そういうところだったり、やっぱりボールの回しかたはかなり改善しなければいけないと思いました。(矢島選手が入って、少しリズムが良くなったところも見えました)そうですね。入る前に慎也にも言ったのですが、あまり引かなくていいから近くになるべくいてくれと伝えていて。やっとさんがトップ下ならやっとさんがかなり気を利かせて顔を出してくれたりするんですが、それがないと後ろに重心がいってしまうので。あとは前に人数をかけないと攻めれないと思うので…近くにいてほしいということはいっていました。(試合後のチームの雰囲気は?)ロッカーもかなりすごい雰囲気でしたが…そういうのは選手が変えていかなくちゃいけないこと。去年から続いていることですが、監督やチームがどうこうじゃなくて選手が自覚してやらないといけないと思っています。

●MF矢島慎也

(チームとしては良くなかったですが、矢島選手のところでリズムが出た後半でした)トップ下の位置でやったのは今年初めてだし、少しわかりづらい部分があったんですが、ツネさんとかがハーフタイムに今はこうしたほうがいい、っていうのを教えてくれたので。(具体的には?)引きすぎちゃうと前との距離があいちゃうので、なるべく我慢してDFとボランチの間のところで我慢してボール受けて、さばいて、っていうのを繰り返すことを意識してやっていました。(前半からFWが孤立して距離感も良くなかった)そこだけの距離感だけじゃなくて、全てにおいて距離感が悪かったと思うので、みんなパスコースを探してもない状況で繰り返したのかなと思ってみていました。それは今日に始まったことではないですが。なんとかしないといけないと思うんですが、サイドにボールがいっても、自分が関わりに言ってもいいけど、いきすぎちゃうと、真ん中との…トップ下だと駿くんと近いところでやりたいので。サイドにいきすぎちゃうとそことの距離もあいてしまうし、でもいかないと…今日は右からの展開が多かったんですけど敬斗とヨネくんが二人でしかボールをもてないから、いかないといけないんだけどでも真ん中も開いちゃうのは嫌だしっていうので…そこはボランチでやっている時とはまた違う景色というか、ここもこういう状況なんだということは思いました。(そこはボランチの攻撃への加わりかたという部分の見直しが必要だと)そうですね。サイドに行った時は一人いかないといけないなって感じました。そういうことは気づいたらどんどん変えていかないといけないと思うので、みんなでもっと話し合わなければいけないと思いました。

●DF米倉恒貴

しんどい試合でした。個人としても組織としても今日はバラバラでした。悪い意味で自由になりすぎている感じがありました。やるところはしっかりやる、守るところは守る、攻めるところは攻めるということをしないと、同じことを繰り返すなっていうのは感じました。(攻撃も守備も、それぞれがただ自由にやっているように見受けられます)守備も去年から少し変わったとはいえ、かなり攻撃にいきすぎているところはあるので。やっぱり、いい守備がないといい攻撃もできないと思いますしね。守備に守備に、ってなるのではなくて、いい守備ができるようにならないといけないと思います。(いい守備というのは?)個々が自分一人だけという考え方はよくなくて、その状況判断で自分がいったほうがいいのか、周りにいかせたほうがいいのか、とか。いまは人任せの守備になってしまっているところもありますが、しっかり4人で守備、組織で守備をすることができるようになれば、また変わってくるかなと思います。もちろん、いまは去年のサッカーから変わろうとしているところで最初からうまくいくとは思っていないですけど、にしても、一気に去年まで築いてきた守備を完全に崩壊させる必要はないし、いい部分は残してもいいと思うので。その辺は(三浦)弦太を中心にやっていければいいんじゃないかと思います。

●FWアデミウソン

せっかく応援に来てくださったみなさんに申し訳ないという気持ちが正直なところです。この先、2度とこういう試合はみせないということを自分の中でも誓っていますし、早く1勝をあげてチームが目指す目標に取り組んでいきたいなと思います。(個人的には今季初めての公式戦でした。どういう思いでピッチに立ちましたか?)6ヶ月近くゲームから遠ざかっている中で初めての復帰試合ということで臨んだのですが、個人的にはすごくモチベーション高く入りました。ただチームとしての結果がこういう結果になりとても残念です。4失点してしまって自分たちのサッカーがなかなか出せず、相手にサッカーをやらせてしまった。自分が中にいても、なかなかチームが勝つためのプレーに貢献できなかったことに責任も感じています。ですが、怪我をしていたことについて関しては、思っていた以上に長くプレーできて、そのあと、痛みもなく終われたということに関しては少しホッとしているところもあります。(試合の中で孤立してしまっているところも多かったように感じましたが)すごく答えるのが難しい質問ですが、孤立ということでいうと、確かに一人になってしまったなというのはあったと思いますし、仲間の選手を孤立させてしまったこともあったと思います。そこは今チームに足りないところだと思うし、そこを解決できれば変わってくるのかなと思います。いまのサッカーというのは、かつてガンバがやっていたサッカーとは違うわけで、今はチームも模索しながら進んでいる状態です。以前のようなガンバの姿になれるように全体で取り組んでいきたいと思います。