「スペインの北朝鮮大使館襲撃事件はやらせ」自由朝鮮の元メンバーが米連邦地裁で証言

スペインの北朝鮮大使館の中に入るクリストファー・アン被告(米司法省より)

2019年2月にスペイン・マドリードの北朝鮮大使館を襲撃したとして、アメリカで逮捕・起訴された反北朝鮮団体「自由朝鮮」の元メンバーは、「襲撃そのものがやらせ(偽装工作)だった」と裁判で証言した。この元メンバーが2021年2月22日にカリフォルニア州ロサンゼルスの連邦地裁に提出した新たな文書でわかった。

証言したのは、金正恩体制の打倒を掲げる反体制組織「自由朝鮮」の元メンバーでアメリカ海兵隊出身のクリストファー・アン被告。

クリストファー・アン被告(Linkedinの本人プロフィール写真より)
クリストファー・アン被告(Linkedinの本人プロフィール写真より)

アン被告は事件2カ月後の2019年4月、襲撃事件の実行犯の1人としてロサンゼルスで逮捕された。そして、同年7月に保釈金130万ドル(約1億4000万円)を支払い、連邦地裁に保釈が認められた。自宅軟禁の条件で釈放され、現在は裁判を受けている。アン被告はスペインへの身柄引き渡しの可能性があり、これに強く抵抗している。

アン被告は連邦地裁に新たに提出した6ページにわたる文書で、2019年2月22日に起きた襲撃事件そのものが自由朝鮮によって仕組まれた任務で、自分は北朝鮮外交官を縛ったり、武器を持参して大使館の中に入ったりはしていないと主張した。そして、犯行当日の朝に、自由朝鮮のリーダーで犯行グループの主犯格であるエイドリアン・ホン氏から現地で指示を受けただけだと主張した。

「自由朝鮮」の代表、エイドリアン・ホン氏。(「朝鮮インスティチュート」ホームページより)
「自由朝鮮」の代表、エイドリアン・ホン氏。(「朝鮮インスティチュート」ホームページより)

アン被告によると、大使館に勤務する北朝鮮外交官の1人が「誘拐事件を見せかけて北朝鮮から亡命をしたい」とホン氏に事前に依頼していた。そのような「やらせ工作」を行うのは、亡命後に北朝鮮政府からのあらゆる報復を防ぐためだったという。

アン被告は提出文書の中で、「北朝鮮は監視国家であると知っていたことから、大使館内は監視カメラであふれ、私たちが大使館内で行うことすべてを北朝鮮政府が把握できると十二分に予期していた」と主張した。

そして、「自分自身は武器を持っていなかったものの、グループのメンバーは武器を持っていた。私の理解では、模造銃を含めた、そのような武器所持の目的は、『誘拐事件』をいかにも本物らしく見せるためであり、いかなる人も傷つけるためではなかった」と述べた。アン被告は「事件当時、右手を骨折していた」と言い、北朝鮮外交官たちを自らの手で拘束できなかったと主張した。また、「大使館員に一切の暴力をふるっていない」と述べ、大使館員らの抵抗は北朝鮮の監視を意識してのものだと主張した。

さらに、アン被告は「メディアで報じられてきた内容に反し、私は戦闘の専門技術があるからと言ってマドリードに来るように頼まれたのではなかった。私は海兵隊入隊後に標準的な訓練を受けたことを除き、特別な戦闘訓練を受けたことはなかった。エイドリアン(ホン氏のこと)は、北朝鮮外交官がパニックに陥った場合、彼らを落ち着かせるために私に現場にいてほしいと頼んでいた」と主張した。

アン被告は「海兵隊員としてイラク戦争に派遣されていた時、極度の緊張下における人々の面倒や安全を確保する任務に従事していた」と説明。このため、自由朝鮮でも、コミュニケーターとしての役割や人々を落ち着かせる役目をしばしば担っていたと述べた。北朝鮮の人々は脱北時に、当局に見つかってしまうとの被害妄想にかかり、恐れおののくことがあるからだという。

●「北朝鮮外交官、土壇場で亡命を固辞」

北朝鮮外交官の誘拐事件を装った亡命劇の強行――。しかし、この事件時、事前の計画にはまったくない予期せぬことが起きた。大使館内にいた北朝鮮女性が外に逃げ出して、スペイン警察に通報したのだ。スペインの警察官が大使館に駆け付け、ホン氏が大使館員を装って大使館入り口で応対する事態にまで追い込まれた。さらに、事件時には大使館内の電話が鳴り続いていたことから、亡命希望の北朝鮮外交官が恐れおののき、亡命を考えてホン氏を招いたものの、土壇場で寝返って固辞したとアン被告は主張した。

●北朝鮮の人権問題が共通の関心

アン被告は2009年に共通の友達を通じて、ホン氏と知り合った。ホン氏は北朝鮮からの脱北を支援する人権活動家として知られ、「TEDフェロー」にも選ばれるほどの著名な人物であった。アン被告は、北朝鮮の人権問題という共通の関心があることから、ホン氏と連絡を取り続けてきたという。

自由朝鮮リーダーのエイドリアン・ホン氏。現在の行方は分かっていない(米議会中継専門テレビチャンネル「Cスパン」の映像を筆者がキャプチャー)
自由朝鮮リーダーのエイドリアン・ホン氏。現在の行方は分かっていない(米議会中継専門テレビチャンネル「Cスパン」の映像を筆者がキャプチャー)

「エイドリアン(=ホン氏)が誰かの亡命を力ずくで強いるよう私に頼んだり、脱北者たちの意思に反して彼らを肉体的に痛めつけたりすると信じる理由はまったくない」

アン被告の主張は、これまでの自由朝鮮の主張と通じるものがある。自由朝鮮は襲撃事件後の2019年3月26日朝、北朝鮮大使館襲撃事件への関与を認める声明の中で、今回の事件は「攻撃(アタック)」ではなく、「大使館に招かれた」と述べて正当性を訴えていた。

また、自由朝鮮のリーダーのホン氏は2019年2月、自由朝鮮の前身として知られる亡命政府団体の「千里馬(チョンリマ)民防衛」の代表として来日し、東京で脱北者を支援する日本の人権団体の代表と会った。

この人権団体の代表は2019年4月、筆者の取材に対し、ホン氏と会っていた事実を認めた上で、「メディアは北朝鮮大使館員の話を前提に、自由朝鮮の暴力行為を書いているが、大使館員はそう言わないと自らの命が危ない。彼らは大使館の暗号PCを奪われ、アリバイづくりをしなければならないからだ」と述べていた。

ホン氏の所在は今のところ把握されていない。

●クリストファー・アン被告とは何者か

アン被告は韓国系アメリカ人だ。

アン被告は連邦地裁に提出した文書の中で、「私は南カリフォルニアで生まれ、アメリカ空軍兵役経験者の父親によって育てられた。私の中に継がれる韓国の世襲遺産を誇るだけでなく、私の家族が成功し、安楽に暮らす機会をアメリカが与えてくれたことに感謝している」と述べている。

ビジネス向けSNSのリンクトインに掲載されているアン被告のプロフィールによると、アン被告は州立大のカリフォルニア大学アーバイン校で政治学を専攻。その後、同じ州立大で名門、バージニア大学ダーデンビジネススクールで経営学修士(MBA)を取得している。

2000年から6年間は米海兵隊に就役した。特に2005年から2006年まではイラク中部の激戦地ファルージャで収容施設のチーフアナリストやキャンプ・ファルージャの情報分析官を務めていた。

リンクトインによると、アン被告は海兵隊勤務後は石油メジャーのロイヤル・ダッチ・シェルにも勤務。能力として韓国語を挙げている。

Q&AサイトであるQuora(クオーラ)にも2014年6月に投稿。バージニア大学ダーデンビジネススクールに行くべきか、ニューヨーク大学スターンビジネススクールに行くべきかをめぐって悩んでいる人に対し、相談に乗っている。ここでのプロフィール写真では、ロサンゼルス・ドジャースの野球帽を被り、ゴールドチェーンを首に着用したどこにでもいる青年だ。

●金正男氏の長男、ハンソル氏らの身柄保護

「自由朝鮮」の前身の「千里馬民防衛」は、2017年2月にマレーシアのクアラルンプール国際空港で金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長(当時、現総書記)の異母兄、金正男(キム・ジョンナム)氏が殺害された後、正男氏の息子のハンソル氏とその母親、妹の3人をマカオから安全な場所に移動させたことで、一躍世界の耳目を集めた。

米誌ニューヨーカーは2020年11月、金正男氏殺害事件後、息子のハンソル氏らの保護をホン氏やアン被告が支援していたことを報じた。同誌によると、ホン氏は2013年頃にハンソル氏とパリで初めて会った。事件直後にハンソル氏から、当時住んでいたマカオから母と妹と一緒に脱出させてほしいとの要請があった。

そして、ホン氏に頼まれたアン被告が、台湾の空港で黒のTシャツとロサンゼルス・ドジャースの野球帽を目印に着用し、ハンソル氏らと接触した。その後、CIA職員がハンソル氏らを引き取り、保護したとみられている。

マレーシアで殺害された金正男の息子、キム・ハンソル氏(左)を保護するクリストファー・アン被告(自由朝鮮のサイトより)
マレーシアで殺害された金正男の息子、キム・ハンソル氏(左)を保護するクリストファー・アン被告(自由朝鮮のサイトより)

ハンソル氏は2019年5月30日に自由朝鮮がYouTube上で公開した動画の中で、父親の金正男氏殺害事件後にマカオから無事脱出した際に、支援を受けたホン氏とスティーブことアン被告に感謝の言葉を述べている。

(関連記事)

北朝鮮大使館を襲撃した“謎の集団”…「事件はやらせだった」実行犯の韓国系アメリカ人が新証言

【スペイン北朝鮮大使館襲撃】犯行声明出した「自由朝鮮」リーダーはエール大卒エリート。狙いは何か

【スペイン北朝鮮大使館襲撃】元海兵隊員の自由朝鮮メンバー逮捕。リーダーのホン氏は極秘来日

北朝鮮大使館襲撃に関与。「自由朝鮮」の正体とは

リーダーはエール大卒の韓国系アメリカ人で人権団体創設者。FBIとも情報共有

米朝関係悪化の一因?情報機関が注目するある事件

スペインの北朝鮮大使館襲撃事件で取りざたされるCIAの関与