ホークス、社会人との練習試合に豪華メンバーずらり

柳田選手、惜しくも本塁打ならず。ただ、状態は上向きのようだ(筆者撮影)

決勝点はルーキー佐藤の好走塁

 3月18日、福岡ソフトバンクホークスのファームは、タマホームスタジアム筑後で社会人のJR九州と練習試合を行った。指揮を執ったのは三軍首脳陣。しかし、メンバーはずらり主力級が名を連ねた。

【3月18日 練習試合 タマスタ筑後 無観客】

JR九州   000000030 3

ソフトバンク 00111001× 4

<投手リレー>

【J】足立、川島、佐々、吉田

【H】和田、石川、サファテ、吉住、渡辺健

<本塁打>

なし

<スタメン>

【J】6萠拔(はえぬき) 7犬塚 3岩切 9山田 2牛島 5高橋 D池田 8田中 4松下

【H】7周東 9柳町 8柳田 3内川 2甲斐 D佐藤 5野村 6川瀬 4古澤

<戦評>

 出場した主力組が持ち味を発揮した。先制打は内川だ。三回、柳町と柳田の連打で一、三塁となった場面でセンター前へヒットを運んだ。内川は五回の第3打席まで出場して3打数2安打1打点だった。また、柳田は五回の打席であと少しで柵越えという左翼フェンス直撃の二塁打を放ち、こちらも3打数2安打だった。

 四回の得点は周東の犠飛、五回には甲斐が犠飛を放った。周東は七回の打席で左中間を破る長打を放ち、快足を飛ばして三塁打にした。また、俊足ではルーキーの佐藤が内野安打で出塁してさらに二盗を決め、その後相手暴投の間に本塁を陥れる好走塁を見せた。

 投手陣では先発の和田、2番手の石川がともに3回1安打無失点。サファテは1回を打者3人できっちりと抑え、いずれも危なげない投球を見せた。

 当初、プロ野球は今週末にシーズン開幕を迎える予定だったため、この数日間は一軍の試合は組まれておらず最終調整に充てられるはずだった。しかし、新型コロナウイルス感染拡大に伴う措置で延期となり、この日のJR九州戦と前日17日の西部ガス戦には多くの主力選手が出場した。社会人野球の選手たちにとっては、かなり貴重な実戦経験の場になった。