ホークスが無観客紅白戦で日本シリーズへ調整。絶好調今宮が3安打、柳田には豪快ソロ弾!

日本シリーズでの活躍も楽しみ(筆者撮影)

 10月16日、福岡ソフトバンクホークスは今週末に開幕する日本シリーズに備えて、紅白戦を行った。

【10月16日 紅白戦 ヤフオクドーム 無観客】

紅 000110 2

白 211020 6

※特別ルール

<スタメン>

【紅】4明石 3川島 8柳田 7グラシアル 9中村晃 D長谷川勇 6高田 5周東 2高谷 Pミランダ

【白】4牧原 6今宮 3内川聖一 Dデスパイネ 5松田宣 8福田 2甲斐 7栗原 9上林 Pスアレス

<バッテリー>

【紅】ミランダ(3回)、松田遼(2回)、川原(1回)――甲斐

【白】スアレス(2回)、長谷川宙(2回)、泉(2回)――高谷

<本塁打>

【紅】柳田 【白】牧原

<戦評>

 白組が序盤から得点を重ねた。初回、先頭の牧原がいきなり初球先頭打者本塁打。さらに今宮の三塁打、続く内川が右犠飛を放ってあっという間に2点を先制した。二回には今宮が右前適時打、三回は福田の中犠飛で追加点を挙げた。五回にも今宮、内川の連続二塁打と松田宣の適時打で2点を加えた。

 一方で紅組は会心の得点パターンだった。四回には柳田の右中間スタンドへのソロに続いて、五回は川島の二盗の間に三塁から周東が本塁に生還するダブルスチールを成功させた。

 投手陣では白組先発のスアレスが最速157キロをマークするなど、好調時を思わせる直球を投げ込んで日本シリーズのベンチ入りをアピールした。一方で紅組先発のミランダは3回4失点と悔しい投球になった。(了)

*********************

今宮、CSから8打数連続安打!

 クライマックスシリーズMVPに輝いた今宮健太内野手が絶好調をキープしている。

 ファイナル第4戦で5打数5安打3本塁打6打点と大暴れ。個人の1試合5安打はポストシーズン初。同1試合3本塁打はCS初で、日本シリーズを含めればタイ記録。同6打点はCSタイ記録と球史に名を残す大活躍だった。

CSファイナルのトータルでも19打数10安打。その勢いそのままに、この日も快音を連発した。

 第1打席は左中間へ三塁打。二回の打席ではライトへ流し打つタイムリーを放った。そして五回の第3打席では右中間二塁打をマーク。3打数3安打1打点と本番にとっておきたいくらいの“ヒットパレード”だった。工藤監督も「すごいね」と目を丸くしていた。

 打線は全体的に好調だ。柳田と牧原が本塁打を放ち、内川、松田、グラシアルにも長打が飛び出した。CSファイナル4連勝の原動力となった、日本シリーズも含むポストシーズン史上初の4試合連続2桁安打を放った打線で巨人投手陣に襲いかかる準備は整っている。