「ありませんよ!」

「いいえ、あります」

「どこにあるのですか!」

「ない」のに「ある」と嘘を言い続ける業者の男は、ついに「何を目的に(電話を)かけてきているのですか!」とまで言い放ち、必死にこちらの話をごまかそうとします。

この激論のきかっけになったのが、情報提供してもらった一通の副業紹介のメールでした。

今、コロナ禍が長く続き、収入を増やしたいと思う方もいることでしょう。そうした心を見透かすように「マイ**採用通知」という大手サイトを騙るようなメールが届けられています。

そこには「先日は在宅ワークにご応募いただきありがとうございました。おすすめの副業をご紹介させていただきます」とあり、URLが載っています。

果たして、どんな副業を紹介してくれるというのでしょうか?

表面上はまっとうな仕事の紹介に思わせながら、お金を騙し取ろうとする悪徳商法も後を絶ちません。4月より成人年齢が18歳に引き下げられたこともあり、若い世代を狙っていることも考えられますので、URLをタップして、その先を探ってみます。

スマホで簡単副業情報にエントリーしてみた

すると「スマホで簡単副業情報」のサイトが出てきました。

「未経験の方でも安心サポート」とあり、登録は無料で、1ヶ月で20万円以上の副収入が得られるといった言葉も載っています。

筆者がアクセスしたサイト(筆者修正)
筆者がアクセスしたサイト(筆者修正)

「お申込みはこちら」のボタンがありますので、押してみます。

「最高の副業をご案内」というサイトが出てきました。

「今すぐエントリー!」とあり、個人情報を記入するように促しています。

筆者がアクセスしたサイト(筆者修正)
筆者がアクセスしたサイト(筆者修正)

これまでの取材経験から、自ら「最高」と宣伝するところほど、怪しいものはありませんが、あえて名前、電話番号、メールアドレスなどの必要事項を記入してみます。

それにしても、このサイトがどの会社により運営されているものなのか、調べても出てきません。氏素性が分からないところに登録すれば、ほぼ個人情報は洩れますので、皆さんは連絡を取らないようにして下さい。

それでは、送信ボタンを押してみます。

すると「無料エントリーが完了致しました」と出てきました。営業担当より電話がかかってくるようです。

「お待ちしています」とつぶやき、いったん、サイトを閉じました。

どんな副業なのか?聞いてみると…

翌日、男性から電話がありました。

「A社と申します。ご紹介する副業、サイドビジネスは、競走馬の配当に関するものとなります。月に15~20万円が得られるようになっています」

どうやら、競馬情報をもとに副収入を得られるという話のようです。

男性は「競馬経験はありますか?」と尋ねてきます。

この種の取材をしてきて、競馬歴の短い人を狙っていることがわかっていますので「少しだけ買ったことがありますね」と初心者のフリをしてみました。

男は「そうですか」と頷いた様子で、一気に話を進めます。

「公営ギャンブルを使っての資産運用のご紹介です。競馬は当たらないものと思われますが、当社では各方面から情報を得ていますので、確実に的中する情報で、しっかりとした副収入が得られるようになっています」

以前ですと「着順の決まっている仕込みレースがあるので、それに賭ければ儲けられる」といった話を持ち掛けてきました。

さて今回は、どのような話になるでしょうか?

「過去のレースデータをコンピューターで分析し数値化して、利益を出しています。その際、ご自身が馬券を買うのではなく、当社にお金を預けて、代理で馬券を購入し、利益が出た分をお戻しております」

相手にすべてを任せる形では、本当に馬券を業者が購入したのかがわからず、幾らでも嘘をつける状況なので危険な出資といえます。

「いくら出せばよいのでしょうか?」と筆者が尋ねると、「月に1万円からで構いません」と答えます。

指定タイムを知っているかと、聞いてくる

「ところで『指定タイム』をご存じですか?」と男性は尋ねてきます。

「わかりません」

「指定タイムとは、競走馬がゴールするまでにかかる時間です。騎手には、馬主さんから指定タイムが指示されています。つまり、ゴールまでのタイムをあらかじめ決められて走っているわけです。当然、競走馬の指定タイムがわかっていれば、どの馬が上位にくるのかが、わかりますよね。10頭が出走するレースで、ある馬のタイムより、5頭の指定タイムが遅いようであれば、上位には入りませんので、賭けなくても良い馬になります。当社はその情報を馬主さんから得ていますので、的中する馬がわかっており、確実に収入を得ていただけます」

これまでのような「やらせのレースがある」という話ではなく、「ゴールまでのタイムが決まっている」という話を持ち掛けてきました。

しかしその日の馬の体調や、レース展開もあるでしょうから、仮に指定タイムを決められていたとしても、その通りにゴールするとは限りません。それでも業者は「年間の的中率は8割になります。10回中8回は当たります」と話します。

「当社では的中金額の20%の成功報酬をいただいています。もし3万円を出資して、1万円を元手に単勝2倍の馬券が当たれば、20%を引いた額、1万6000円をあなた様の口座に振込みます。考えてみて下さい。当社では8割的中ですので、3万円の元手はほぼ減らずに、次の投資ができるようになっています」

どうやら、元本保証の資産運用を言いたいようです。

「HPの掲載はありますか?」

「すみません。会員数を限定して募集しているために、HPはありません」

そこで住所を尋ねると「当社は、B区**1-*-**にあります」とすらすらと答えます。

筆者は「考えておきます」とだけ答えて、電話を切りました。

会社の住所に突撃してみると…

競馬情報に絡めた資産運用の話自体、かなり怪しいですが、これだけでは、悪徳業者かどうかの確証が取れません。そこで会社の住所に突撃してみることにします。

9F建てのビルでした。中に入って各階を回ってみましたが、A社の名前はありません。テナントとして入っている会社に聞いても「そんなところはない!」と面倒そうな顔で追い払われます。管理していると思われる不動産会社にも連絡をしてみましたが、やはりないようです。

筆者は嘘の住所を教えられました。さっそく、この事実を問い詰めたいと思います。

電話をかけると、先日とは違う男性が出てきました。

「先日、副業情報の説明を受けた者ですが、そちらの住所を教えてもらえますか?」

「えっ」という感じの返事がきます。

「ですので、会社の住所を教えて下さい」

「あなた様の営業担当は誰でしょうか?」

「いやいや、担当者がどうこうじゃなくて、会社の住所を教えて下さい」

「あなたが、どういう方かがわかりませんので、教えられません」

「それでは、先日の説明の時に聞いた住所が、合っているかを教えて下さい。B区**1丁目で良いですか?」

「……それはいえません」

「なんで、会社の住所が合っているかも言えないのですか?では、ビル名だけでもお願いします」

「教えられせんので、担当者から電話を致します」

「担当者がどうこうじゃなくて、そちらの住所やビル名を聞いているだけです。なんで答えられないのですか?では、お聞きした御社の住所を言いますね。B区**1丁目*―**ですね。これが正しいかどうかだけ教えて下さい」

「この住所は正しいのですか?」の質問に…

しばらくの沈黙の後、「はい、そうです」と答えます。

「こちらの住所のビルに御社はあるということですね」

「はい」

「おかしいですね。今、ビルの前にいます。各階をすべて回ってみましたが、A社はありませんよ!」

「いいえ、あります」

「どこにあるのですか!管理会社と思われるところに聞いてもないようですよ。住所は嘘ですよね?」

「いいえ、あります」

「だから、今、来ているけど、お宅の会社はないの。じゃあ、このビルの隣に何のお店があるかわかります?自分のいるビルならわかるよね」

ちなみに、横には有名飲食店と、大手のコンビニがあります。

答えられないようで「あなたの担当者名を教えて下さい。そちらから電話をかけます」とこちらの質問をごまかそうとします。

「言えないのですね。あなたは、このビルに会社があると言ったが、ありません。嘘の住所を私は言われたわけですね」

「いいえ、あります!」

「だから、今、おたくの会社に行こうと思って来ているけれども、会社はどこにもないの!」

今、筆者が電話をしているところは、オフィス街です。激しい電話のやりとりに、いぶかしげな顔をして、道行く人たちが振り返ります。ご迷惑をおかけしてすみません。

男性は「当社では、訪問による対応はしておりません」と言い出します。

「そういうことじゃなくて、このビルのどこにもA社はないんですよ。訪問もできないわけですよ。私は嘘の住所を言われたということでいいですね!」

しかし相手は嘘を認めまません。

「あります。いたずら電話は切らせていただきます」

住所を聞いているだけなのに、いたずら電話って何でしょうか。

「何を目的にかけてきているのですか!」と怒ったような口調で男性は、立て続けに話します。

「それは本当の住所を聞くためでしょう。わかってるでしょう。電話を切ってもらってもいいけど、今度、そっちから電話がかかってきたら、怒るからね!」

そして電話は終わりました。

その後、筆者のもとに、A社からの電話はかかってきていません。

「フット・イン・ザ・ドアテクニック」に注意!

嘘の住所を筆者に伝えているところからみて、悪徳業者と見て良いでしょう。経験上、一つの嘘を平気でつくところは、必ず次の嘘もついてきます。こうした業者とは、関わり合わないことが賢明です。

特に、この業者の巧みなのは、最初の投資額を1万~3万円と低く設定している点です。おそらくその金額なら、負けてもいいかと思って、試しに振り込んでしまう人がいるかもしれません。しかしこれ自体が罠で危険です。

これは「フット・イン・ザ・ドアテクニック」といわれるもので、最初に小さな額から始めさせて、徐々に大きな金額へと要求を釣り上げていく手法です。

そのために、最初のうちは若干の配当はあると思います。そして儲かる状況を見せながら「出資額を大きくすれば、さらに儲けられる」と徐々に投資額の増額を指示されることでしょう。それに、今回のように業者の本当の住所がわからない状況では、多額のお金を持ち逃げされれば、取り戻すことは極めて難しくなります。

ネット上には、「簡単」「最高」を謳い文句にした副業情報がはびこっています。しかし、それは悪徳業者にとって「簡単」にお金を取れる「最高」の副業であることを意味しています。充分にご注意下さい。