森保監督はなぜスタイルを変えたのか。「柔軟性」「臨機応変」は、サッカー監督の哲学にあらず

写真:岸本勉/PICSPORT

 コスタリカに3-0で勝とうが、0-2で敗れようが、この時期に行われる親善試合の結果に特別、関心はない。ロシアW杯が終了し、代表監督が交代したいま、いちばん敏感になるのは、代表サッカーの向こう4年間の方向性だ。

 森保監督がサンフレッチェ広島時代、そして先日のアジア大会で見せたサッカーは、西野前監督がロシアW杯で見せたサッカーとは違う。

 さらに言えば、森保監督には他のサッカーを実践してきた過去がないので、日本代表監督になっても、従来通りのサッカーを森保監督は披露するものと思われた。

 だが、予想は外れた。コスタリカ戦で真っ先に語るべきは、森保監督が3-4-2-1(森保監督の従来型)ではなく4-4-2(代表サッカーの従来型)で戦った点だ。

 なぜ変えたのか? 

 従来とコンセプトが大きく異なるサッカーを代表監督就任緒戦でいきなり披露した監督は、古今東西広しといえども珍しい。

 これは事件である。サッカーを議論する際の肝と言える。

 両布陣には大きな差がある。一方は守備的で、一方は攻撃的。森保監督就任を機に、代表サッカーの方向性は攻撃的から守備的に、大きく舵を切るものと危惧されていた。

 とはいえ、サッカーの方向性について詳しい説明があったわけではない。むしろ、田嶋幸三会長、関塚隆技術委員長は、森保サッカーは西野サッカーの延長であるかのような言い方をした。話はぐちゃぐちゃになっていた。

 田嶋会長はハリルホジッチ監督のやり方を、日本にそぐわないサッカーだとしてロシアW杯直前に解任。ドタバタ劇を繰り広げることになったが、特異性という点で、森保監督のサッカーも負けていないのだ。

 少なくとも西野監督がロシアW杯を戦ったサッカーとは違う。西野ジャパンがロシアで演じたのはアギーレジャパン的であり、ザックジャパン的であり、南アW杯本番を戦った岡田的ジャパン的だった。従来の流れの延長上にあるサッカーだった。

 森保監督はコスタリカ戦で、それに従うようなサッカーをした。

 ひとつの形にこだわってやっていくのもいいけれど、いろんな形に対応できるように、柔軟性のある臨機応変な対応をしていきたい。システムはどうあろうとサッカーの原理原則は変わらないですからーーとは、試合後、変更理由について問われた森保監督の言葉だ。

 

 逃げ口上であることは明々白々。突っ込みどころ満載の台詞でもある。

 これは、サッカー監督の根幹が問われるポイントだ。「サッカーの原理原則は変わらない」と言うが、ならばそれは何か。サッカーの原理原則は1つではない。森保監督が考える原理原則とは何なのか。それは哲学という言葉に置き換えられるが、そこを聞き手に明快に示さなければ、自分の意志は伝わらない。コミュニケーションは成立しない。意思疎通を図るつもりがあるのか。それさえも疑いたくなる。そこを逃げないのがよい監督。自分に自信があるので、懇切丁寧に説明しようとする。こちらは、これまでにそうした監督に何人も出会ってきた。

「ひとつの形にこだわってやっていくこともいいけれど」にしても、それならなぜ何年間もの間、1つのやり方にこだわってきたのか。これまで柔軟性のある臨機応変な対応をしてこなかった人が、急に方針を変えた理由は何なのか。

この記事は有料です。
たかがサッカー。されどサッカーのバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

サービス名

たかがサッカー。されどサッカーのバックナンバー2018年9月サンプル記事

杉山茂樹

価格

550(記事5本)

2018年9月号の有料記事一覧

すべて見る

たかがサッカーごときに、なぜ世界の人々は夢中になるのか。ある意味で余計なことに、一生懸命になれるのか。馬鹿になれるのか。たかがとされどのバランスを取りながら、スポーツとしてのサッカーの魅力に、忠実に迫っていくつもりです。世の中であまりいわれていないことを、出来るだけ原稿化していこうと思っています。刺激を求めたい方、現状に満足していない方にとりわけにお勧めです。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

スポーツライター、スタジアム評論家。静岡県出身。大学卒業後、取材活動をスタート。得意分野はサッカーで、FIFAW杯取材は、2018年ロシア大会で連続10回現地取材となる。五輪も夏冬併せ9度取材。モットーは「サッカーらしさ」の追求。著書に「ドーハ以後」(文藝春秋)、「4−2−3−1」「バルサ対マンU」(光文社)、「3−4−3」(集英社)、日本サッカー偏差値52(じっぴコンパクト新書)、「『負け』に向き合う勇気」(星海社新書)、「監督図鑑」(廣済堂出版)など。最新刊は、SOCCER GAME EVIDENCE 「36.4%のゴールはサイドから生まれる」(実業之日本社)

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    最下位を脱出したオリックスがすでに投手王国の道を歩み始めている確かな物的証拠菊地慶剛7/13(月) 16:56
  2. 2
    プロ野球有観客解禁の舞台裏 初日の入場不可者は3人室井昌也7/13(月) 7:01
  3. 3
    横浜DeNAの「オセロ」あるいは「ヌケヌケ」はどこまで続く!? ○●○●○●○●○●○●○●宇根夏樹7/13(月) 17:50
  4. 4
    日本の独立リーグでプレーした日本人メジャーリーガーたち。田澤純一の前にも10人以上いるが…宇根夏樹7/13(月) 15:47
  5. 5
    渋野日向子ら“黄金世代”が語った女子ゴルフ開幕戦開催への感謝とこれから自分たちがすべきこと金明昱7/13(月) 7:00
  6. 6
    セカンドキャリアは二刀流!? 兵庫ブルーサンダーズ監督と整骨院院長、2つの顔を持つ元阪神・橋本大祐土井麻由実7/13(月) 11:30
  7. 7
    ベンゼマ、アザール、ヴィニシウスは「共存可能」なのか?優勝に向け前進するレアル・マドリー。森田泰史7/13(月) 7:32
  8. 8
    オリックス打線をグレードアップさせ始めたMLB通算“0本塁打”のA・ロッド菊地慶剛7/12(日) 14:49
  9. 9
    「今あったらなぁ」のバイク達(2)【カワサキ・KSR II】オン・オフ両刀使いの本気で遊べるミニ佐川健太郎7/13(月) 9:12
  10. 10
    独立リーグも有観客試合初日。ユーチューバーが創った「新球団」福井ワイルドラプターズ、雨にたたられる阿佐智7/13(月) 9:36