使用率No1タイに躍り出た4-3-3。ユーロの現場で攻撃サッカーの母国オランダの貢献度について考える

本大会出場国が16から24に増加したにもかかわらず、予選で敗れてしまったオランダ。前回、敗退したのは32年前の1984年だが、この時の本大会出場国はわずか8チームだ。今回の予選落ちが、いかに大きな事件であるかは、2014年ブラジルW杯3位、2010年南アW杯準優勝という近年の成績に照らすまでもない。

オランダは成績に限らず、本大会に欠かせない存在だった。オーストリア、スイス共催の2008年大会では、会場となったベルンに、10万人ものファンを送り込んでいる。実際にスタジアム内で観戦できたファンは1万人強。その他の9万人近いファンは、ベルンの市庁舎広場に設置された巨大スクリーンで観戦することになった。すなわちオランダ人は、お祭り気分の盛り上げに大きく貢献した。

毎度、開催国に大応援団を送り込み、舞台の盛り上げ役を果たしてきたオランダ。彼ら不在のユーロは、風物詩がひとつ消えたようでいささか寂しいが、サッカー的には、その影響力を改めて実感することができている。

オランダは攻撃的サッカーの母国。かつて欧州に、守備的サッカーの波に襲われそうになった時も、頑なにその姿勢を貫いてきた。攻撃的サッカーがスタンダードになった現在の欧州サッカーは、オランダの存在なくして語れないと言いたくなる。

オランダサッカーの定番の布陣は4-3-3だ。中盤ダイヤモンド型3-4-3も伝統の布陣だが、一般的なのは4-3-3。しかしその使用はある時まで、オランダ国内とバルセロナ。さらにはズデネク・ゼーマン等、一部の攻撃的サッカー信奉者が指導するチームに限られていた。90年代後半、攻撃的サッカーと守備的サッカーが睨みを利かし合っていた時代でさえ、4-3-3は少数派だった。

この記事は有料です。
たかがサッカー。されどサッカーのバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

サービス名

たかがサッカー。されどサッカーのバックナンバー2016年6月サンプル記事

杉山茂樹

価格

550(記事4本)

2016年6月号の有料記事一覧

すべて見る

たかがサッカーごときに、なぜ世界の人々は夢中になるのか。ある意味で余計なことに、一生懸命になれるのか。馬鹿になれるのか。たかがとされどのバランスを取りながら、スポーツとしてのサッカーの魅力に、忠実に迫っていくつもりです。世の中であまりいわれていないことを、出来るだけ原稿化していこうと思っています。刺激を求めたい方、現状に満足していない方にとりわけにお勧めです。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

スポーツライター、スタジアム評論家。静岡県出身。大学卒業後、取材活動をスタート。得意分野はサッカーで、FIFAW杯取材は、2018年ロシア大会で連続10回現地取材となる。五輪も夏冬併せ9度取材。モットーは「サッカーらしさ」の追求。著書に「ドーハ以後」(文藝春秋)、「4−2−3−1」「バルサ対マンU」(光文社)、「3−4−3」(集英社)、日本サッカー偏差値52(じっぴコンパクト新書)、「『負け』に向き合う勇気」(星海社新書)、「監督図鑑」(廣済堂出版)など。最新刊は、SOCCER GAME EVIDENCE 「36.4%のゴールはサイドから生まれる」(実業之日本社)

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。