桐生39.6度予想

桐生の予報(ウェザーマップ発表)
桐生の予報(ウェザーマップ発表)

きょう25日(土)は関東の内陸部(群馬、埼玉、栃木)で、6月としては記録的な暑さとなるおそれがあります。

ウェザーマップが発表した桐生(群馬)の予報は上図の通りで、最高気温は39.6度が予想されています。桐生の6月のこれまでの最高気温の1位の記録は37.6度ですから、これを大きく更新する可能性があります。

熊谷39.1度予想

熊谷の予報(ウェザーマップ発表)
熊谷の予報(ウェザーマップ発表)

続いて熊谷の予報は上図の通りで、最高気温は39.1度が予想されています。

6月の1位の記録は39.8度、2位の記録は37.4度ですから、やはり6月の記録に迫る暑さとなる可能性があります。

40度超の計算も

コンピュータによる最高気温のガイダンス(ウェザーマップ発表)
コンピュータによる最高気温のガイダンス(ウェザーマップ発表)

そして、上図はウェザーマップの予想最高気温が作られるもととなる二つのコンピュータの予想ですが、MSMというガイダンスの計算では、桐生(群馬)40.5度、佐野(栃木)40.4度、鳩山(埼玉)40.1度と3地点で、40度以上の値がはじき出されています。

これは気象条件によっては、40度以上となるポテンシャルがあることを示しており、6月としてはもちろん、もし40度以上まで上がれば、年間としても記録的な暑さとなるおそれがあります。

ちなみに過去日本で記録された6月の歴代記録は、上述した熊谷の39.8度ですから、もし40度以上が記録されれば、6月としては日本の歴代では初めてのこととなります。

ちなみに東京都心は34度前後の予想です。

ではなぜこんなに暑くなるのでしょうか?それは上空の暖気と山越えのフェーン現象が影響する計算となっているからです。

上空暖気と西風フェーン現象の影響

上空1500メートル付近の気温と風向き、地上の気温の予想(ウェザーマップ発表)
上空1500メートル付近の気温と風向き、地上の気温の予想(ウェザーマップ発表)

上図はきょう25日(土)15時の上空1500メートル付近の気温と風向き(左図)、および地上の気温(右図)の予想を示したものです。

上空1500メートル付近の気温に注目すると、関東の内陸に24度以上の等値線が出現しており、これは西寄りの風が関東西側の高い山を越える時にフェーン現象を起こし、一段と昇温していることを表しています。

上空1500メートル付近で24度前後というのがポイントで、この暖気は夏場によく晴れれば、地上でこれより15度前後昇温するため、地上の気温は40度近くに達することとなります。

さらに地上付近が強い日差しで熱せられるため、これらの気象条件によっては40度以上の記録的な暑さとなることがある暖気といえます。

地上の15時の気温予想も関東内陸では広く紫色の35度以上が予想され、38度以上の等値線もみられるため、局地的には40度以上に達する可能性もある予想となっています。

また過去にはこのような気象条件で、日本の高温の歴代記録が作られてきました。

熊谷で41.1度を観測した日

上空1500メートル付近の気温と風向き、地上気温の実況解析(ウェザーマップ)
上空1500メートル付近の気温と風向き、地上気温の実況解析(ウェザーマップ)

上図は2018年7月23日に熊谷で41.1度の日本の歴代1位の記録が作られ、青梅(東京)でも40.8度を記録した時の上空1500メートル付近の気温と風向き、および地上の気温の解析です。

やはり、上空1500メートル付近では24度ラインが出現しており、関東の西側や北側からの風がフェーン現象を起こしたことで、際だった暑さとなりました。

浜松で41.1度を観測した日

上空1500メートル付近の気温と風向き、地上気温の実況解析(ウェザーマップ)
上空1500メートル付近の気温と風向き、地上気温の実況解析(ウェザーマップ)

そして上図は、2020年8月17日に浜松で熊谷と並ぶ41.1度の日本歴代1位の記録が作られた時の様子です。

やはり上空1500メートル付近には24度ラインが出現し、北西の風が山越えのフェーン現象を起こし、際だった暑さとなりました。なお、地上の実況解析では気温が低めに出る傾向があります。

桐生、伊勢崎で40.5度を観測した日

上空1500メートル付近の気温と風向き、地上気温の実況解析(ウェザーマップ)
上空1500メートル付近の気温と風向き、地上気温の実況解析(ウェザーマップ)

さらに2020年8月11日には、桐生と伊勢崎で40.5度を観測しましたが、この時も上空1500メートルには24度以上のラインが大きく広がり、西寄りの風が山越えのフェーン現象を起こしていました。

このように40度前後の高温が出る際は、上空1500メートル付近に24度前後の暖気が入り、しかも山越えのフェーン現象を伴っていることがほとんどで、きょう25日(土)もこのような条件となるため、日中、どこまで上がるかの気になるところです。

関東の内陸を中心に、際だった暑さとなりますので、熱中症に厳重な警戒が必要です。