台風13号が発生

台風13号の予報円(ウェザーマップ)
台風13号の予報円(ウェザーマップ)

最新の台風や熱帯低気圧情報(気象庁)

フィリピンの東海上に発生していたダブル熱帯低気圧のうち、西側(タイトル画像の左側)のフィリピンの近くにあった熱帯低気圧がきょう6日(月)午後3時に台風13号となりました。

この台風はフィリピンに沿うように北上した後、9日(木)から10日(金)にかけて、フィリピンを横切り、南シナ海を西進する見込みで、今のところ、日本列島への直接の影響はない見込みです。

一方、ダブル熱帯低気圧のうち、東側にあるもう一つの熱帯低気圧は今後の勢力や進路によっては、沖縄をはじめ、日本列島に影響するおそれがあり、注意が必要です。

熱帯低気圧の動向は?

天気図の変化(気象庁発表に筆者加工あり)
天気図の変化(気象庁発表に筆者加工あり)

気象庁が発表している予想天気図によると、あす7日(火)午前9時の段階で、まだダブル(2つの)熱帯低気圧の予想となっていますが、この予想天気図が発表された後、フィリピン付近の熱帯低気圧が台風13号に急発達したため、あすの予想天気図上ではまだ熱帯低気圧のままとなっています。

ただあさって8日(水)午前9時の段階では、台風13号に変わっており、フィリピン北部のルソン島を目指して、北西進している予想です。

一方で、ダブル熱帯低気圧のうち、東側にある熱帯低気圧は今後もしばらくあまり勢力が変わらずに、あさって8日(水)午前9時の段階でもフィリピンの東海上を北西進している予想です。

しかし、西側にあった熱帯低気圧が予想以上に急発達し、台風13号に変わったように、この熱帯低気圧が進む海域の海水温も30度前後あるため、一気に発達し、台風の勢力に変わってもおかしくありません。

JTWCの予想は?

JTWCの予想に筆者加工あり
JTWCの予想に筆者加工あり

参考までに上記の熱帯低気圧に関するJTWC(米軍合同台風警報センター)の予想では、あさって8日(水)までには台風の勢力に発達しつつ北西方向へ進み、11日(土)には最大瞬間風速約60メートルの日本で言う非常に強い勢力に発達し、石垣島付近へ近付く予想です。

もちろんこれは諸外国の一部の予想であって、あくまでも参考ということですが、計算によっては、台風の勢力で沖縄に近づいた後、北寄りに転向し、東シナ海を北上する予想も散見されますので、今後の最新情報に十分ご注意下さい。