東京都心は約1年3か月ぶりに1週間連続無降水(継続中)

カラカラ天気の続く東京都心(ウェザーマップ)

特に関東はカラカラ

降水量の平年比(気象庁発表)
降水量の平年比(気象庁発表)

日本付近は、立冬(11月7日)を過ぎたころから、冬型の気圧配置移動性の高気圧に覆われることが多くなっており、この10日間の降水量をみて平年より少ない所が多くなっています。

なかでも関東平野は広く茶色で、平年の10%未満の所が多く、顕著なカラカラ天気が続いています。

東京都心は約1年3か月ぶりに1週間連続無降水(継続中)

東京都心の1週間以上連続した無降水記録・過去10回(筆者作成)
東京都心の1週間以上連続した無降水記録・過去10回(筆者作成)

東京都心は、11月9日(月)~きのう15日(日)まで、ぱらつく程度の雨も全く観測されない無降水の状態が1週間連続で続いており、無降水の状態が1週間連続で続くのは昨年2019年7月30日~8月10日まで記録した12日連続以来ということになります。

1週間以上連続の無降水記録を過去10回調べてみると、この数年の間に記録しており、特に珍しいことではありませんが、今年に入ってからは初めてのことで、昨年の夏以来、約1年3か月ぶりということになります。

過去の記録は23日連続無降水

東京都心の無降水記録(天気相談所調べ)
東京都心の無降水記録(天気相談所調べ)

天気相談所が発表している東京都心の無降水記録をみてみると、20日以上連続して雨が全く降っていない(降水がない)記録は6回あり、過去の最長記録は、1956年12月10日~1957年1月1日にかけて記録した23日連続となっています。

カラカラ天気の続いている東京都心では、今週末の20日(金)~21日(土)にかけて前線が通過するため、雨を観測する可能性が比較的高く、無降水の状態は途切れるかもしれませんが、今のところ、まとまった降水になる可能性は低いものと思われます。

引き続き、加湿、保湿、火の用心を心がけたいものです。