新たな台風(13号)が発生する予想、日本の東を北上か

熱帯低気圧の雲(ウェザーマップ)

熱帯低気圧が発生

9月26日15時の実況天気図(気象庁発表資料に筆者加工あり)
9月26日15時の実況天気図(気象庁発表資料に筆者加工あり)

タイトル画像にある通り、日本のはるか南東の海上で、雲が大きくまとまりを見せており、気象庁の解析によると、きょう26日(土)15時に熱帯低気圧が発生しました。(天気図中のTDマーク)

台風(13号)が発生し、日本の東を離れて北上か

熱帯低気圧の予報円(ウェザーマップ)
熱帯低気圧の予報円(ウェザーマップ)

最新の熱帯低気圧や台風情報(気象庁発表)

気象庁が発表した予報円によると、この熱帯低気圧は今後24時間以内に新たな台風へと発達する見込みで、この熱帯低気圧以外、すぐにでも発達しそうな熱帯擾乱(ねったいじょうらん)は解析されていないため、発生すれば台風13号ということになるでしょう。

台風13号の発生後は、しばらく北西方向へ進み、その後あさって28日(月)から29日(火)にかけては北寄りに進みそうで、このあたりで最盛期を迎え、暴風域を伴う強い勢力となる見込みです。

29日(火)15時には、中心気圧975hPa、最大風速35メートル、最大瞬間風速50メートルが予想されています。

ただこの時点でも日本の東、約1000キロ以上離れたところにあり、その後は北東方向へ進み、30日(水)15時には北日本のはるか東海上で温帯低気圧に変わる見込みで、もし予報円の最も西より、日本に近い側を北上したとしても、東経150度線に沿うような形での北上ですから、今のところ、本州付近へ近づくおそれはほとんどないとみていいでしょう。

ただ強い勢力になりますので、太平洋側には台風からのうねりが届くと思われ、海上や沿岸は高波に注意が必要かと思われます。

過去6番目に遅い台風13号の発生か

台風13号の遅い発生記録(筆者作成)
台風13号の遅い発生記録(筆者作成)

今年は7月までに2個の台風しか発生せず、8月以降は比較的多くの台風が発生していますが、それでも9月の下旬にしてはかなり発生数が少なくなっています。

統計のある1951年以降で、台風13号が発生した遅い記録を調べてみると、上図のようになっており、もし今ある熱帯低気圧が今後24時間以内(9月27日まで)に台風へ発達すると仮定すれば、過去6番目に遅い台風13号の発生となります。

今年を含めて過去70年間で6番目に遅い発生ですから、やはり新たな台風が発生したとしても、現時点では台風の発生数はかなり少ないということが言えます。

なお、平年だと、ちょうど今頃は台風18号、あるいは19号が発生している時期でもあります。

またもし、気象庁の予報円通り、新たに発生する台風13号が日本の東を北上し、上陸しなければ、おそらく9月いっぱいで上陸台風が一つもない状態となり、これは2009年以来、11年ぶりのこととなります。

参考:デジタル台風