関東は火曜夜遅く~水曜明け方にかけて、真冬の大雨のおそれ

火曜日午後9時の予想天気図(ウェザーマップ)

関東甲信山沿いで大雪に

解析積雪深(ウェザーマップ)
解析積雪深(ウェザーマップ)

関東甲信地方は昨夜からけさにかけて、山沿いを中心に雪が積もりました。

上図は雪が積もっている様子(積雪)を解析したものですが、埼玉秩父、東京多摩、神奈川丹沢や箱根、山梨などで積雪が10センチ以上となっており、実際の積雪でも、東京多摩の多い所で約15センチ埼玉秩父で7センチ山梨山中湖村28センチ、河口湖26センチなどを観測しました(いずれも午前5時)。

東京都心でも、午前0時半頃からみぞれとなり、気温が0.6℃まで下がった午前3時前後には雪を観測し、午前5時前にかけてみぞれが続きましたが、積雪するまでには至りませんでした。

関東甲信地方の雪は山沿いを除き、雨に変わっており、雪はほぼ峠を越えましたが、今度は真冬の大雨に注意、警戒が必要です。

今夜以降、暖湿気が関東地方へ

暖湿気の予想(ウェザーマップ)
暖湿気の予想(ウェザーマップ)

タイトル画像にもある通り、非常に湿った空気を伴った低気圧が今夜以降、東海や関東地方へ接近してきます。

この低気圧は昨夜からけさにかけて、九州や四国に、真冬としては極めて珍しい1時間に100ミリ以上の猛烈な雨をもたらし、大分県宮崎県徳島県高知県には、記録的短時間大雨情報も出されました。

24時間の雨量も、高知県で300ミリ以上に達する所があるなど、1月の記録を更新する所もありました。

この真冬とは思えないような大雨をもたらした暖湿気(上図参照)が今後東へ進み、今夜からあす明け方にかけて、東海や関東を通過する見込みです。

関東は火曜夜遅く~水曜明け方に、非常に激しい雨も

雨の予想(ウェザーマップ)
雨の予想(ウェザーマップ)

雨雲の予想をみると、暖湿気に対応するように活発な雨雲が東海や関東を通過し、関東は今夜遅く~あす明け方にかけて、沿岸部を中心に雷を伴ったザーザー降りの雨となる予想です。

千葉県を中心に1時間に30ミリ以上の激しい雨が降るおそれがあり、西日本で降った雨のように、雨雲が予想以上に発達すれば、1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨や80ミリ以上の猛烈な雨が降ることも否定は出来ません。

関東には大雪情報一転、大雨や雷に関する情報が出されています。真冬とは思えないような大雨に注意、警戒が必要です。