熊本県に線状降水帯が出現中、最大級の警戒を

熊本県に線状降水帯が出現中(気象庁)

熊本県に線状降水帯出現

気象レーダー(気象庁)
気象レーダー(気象庁)

けさ4時過ぎから熊本県を東西に連なるように活発な雨雲のラインが発生しており、これは集中的に非常に強い雨や猛烈な雨をもたらす線状降水帯とみられます。

けさ6時30分までの3時間に解析雨量で、宇土市、上天草市、 西原村、宇城市、 御船町などで150ミリ近い大雨となっており、気象庁のレーダーを見る限り、まだ同じような場所で降り続いています。

現在、土砂災害警戒情報が熊本県などに出されています。

土砂災害は極めて危険なレベル

土砂災害の危険度(気象庁)
土砂災害の危険度(気象庁)

気象庁が発表している土砂災害の危険度分布では、最も危険度の高い濃い紫色が益城町、宇土市、西原村などに出現しており、極めて危険な状態となっています。

また同じような地域で浸水中小河川の洪水の危険度も非常に高くなっています。

今後も熊本県を中心に降り続く

雨の予想(ウェザーマップ)
雨の予想(ウェザーマップ)

この後、きょう昼過ぎにかけても梅雨前線に伴う活発な雨雲の通り道は、東シナ海から熊本県を指向する予想となっています。

今後さらに危険度が上がる恐れがあるため、大きな気象災害に最大級の警戒が必要です。

熊本県以外でも、九州はいつ線状降水帯が発生してもおかしくない状態ですから、気象レーダーなどで実況監視に努めて下さい。

またくれぐれも早めの避難を心がけるとともに、すでに周りをみて危険と感じたら、なるべく崖の近くからは離れた部屋、あるいは2階など高い部屋へ移動することも重要です。

現在出されている避難情報なども随時確認して下さい。