WBCスーパーウエルター級タイトル挑戦者決定戦の勝者

Photo:Amanda Westcott/SHOWTIME ルビン(右)

 現地時間19日に行われた「WBCスーパーウエルター級タイトル挑戦者決定戦」エリクソン・ルビンvs.テレル・ガウシャ戦は、118-110、116-112、115-113と、3-0の判定勝ちで9歳若いルビンが勝者となった。

Photo:Amanda Westcott/SHOWTIME
Photo:Amanda Westcott/SHOWTIME

 同ファイトは「WBCスーパーウエルター級シルバータイトル」として認められ、ルビンがベルトを巻き、自身の戦績を23勝(16KO)1敗とした。

 勝者、ルビンは言った。

 「俺は、明白に挑戦権を得た。154パウンドで、トップレベルのファイターを下したんだからな。この調子で頂点まで上ってみせるぜ」

Photo:Amanda Westcott/SHOWTIME
Photo:Amanda Westcott/SHOWTIME

 「最終ラウンド、ガウシャはかなりダメージを負っていた。KOも狙っていたけれど、慎重さも忘れなかった。彼はオリンピック選手であり、豊富な経験の持ち主だからね。今後もより良い選手を目指し、ジムでのトレーニングを続けていく」

Photo:Westcott/SHOWTIME
Photo:Westcott/SHOWTIME

 今回の勝利で、ルビンは26日に行われるWBC/WBA/IBF統一スーパーウエルター級タイトルマッチ、ジェイソン・ロサリオ(20勝14KO1敗1分)vs.ジャーメル・チャーロ(33勝17KO1敗)戦の勝者に挑む可能性が大となった。

https://news.yahoo.co.jp/byline/soichihayashisr/20200904-00196293/

Photo:Amanda Westcott/SHOWTIME
Photo:Amanda Westcott/SHOWTIME

 ルビンにとって唯一の黒星は、2017年10月14日にジャーメル・チャーロの持つWBCタイトルに挑み、ファーストラウンド2分41秒でノックアウトされたものである。

Photo:Westcott/SHOWTIME
Photo:Westcott/SHOWTIME

 内容はワンサイドであったが、リベンジを誓うルビンは強気だ。

 「26日の統一戦はチャーロが勝つだろう。リマッチに向けて準備は万全だ。前回の敗北以降、俺は様々な部分で成長している。今、俺のコーナーには超一流のトレーナーであるケビン・クニングハムがいるんだ。長年指導してくれているジェイソン・カラーザと共に、ケビンにも支えてもらっているから、前回よりもずっと強くなっているぜ!」

Photo:Amanda Westcott/SHOWTIME
Photo:Amanda Westcott/SHOWTIME

 来週の統一戦も、今後の154パウンドの行方も楽しみである。コロナ禍で沈むボクシング界を活性化するファイトを期待したい。