エルトン・ジョンとマイク・タイソンの共通点

もっともっと愛された筈の"Iron" Mike Tyson(写真:ロイター/アフロ)

 23日から日本でも公開中の映画『ロケットマン』。エルトン・ジョンの半生を描いた作品だ。第72回カンヌ国際映画祭で、スタンディングオベーションが4分間続いただけあって、見応えは充分。

パンフレット
パンフレット

 スクリーンを見詰めながら私は、何度もあるボクサーに思いを巡らせていた。

 マイク・タイソン

 エルトン・ジョンもタイソンも、天賦の才に恵まれながら、心を許せる人間が周囲にいなかった。功績を称えられながらも、ずっと「孤独」との闘いを強いられる。そして、ドラッグに溺れていくーー。

 タイソンは現役時代に3億ドルを超える金を稼いだが、少なくとも4350 万ドルをプロモータのドン・キングに搾取され、キャリアの晩年に破産した。

 世界各国の総計で3億枚ものレコードを売り上げたエルトン・ジョンも友人のような顔をして近付いて来た人間が、実は「金のなる木」としか己を見ていなかったことに、深く傷つく。また、同性愛者であることに悩むーーー。

 本作品のテーマは「孤独」であると私は見た。時代の寵児となる人間は、ハイエナに集られてしまい、何を信じればいいのか分からなくなってしまう。

 哀しみを振り払うかのように歌い続けるエルトン・ジョン。全盛期からは比べようもない程ボロボロになり、最後は格下に敗れてリングを去っていったタイソン。両者は一見、成功者のように映るが、凡人には想像もつかない虚無感に体が潰されそうになっていたのではなかったか。

 人間というものを考えさせられる作品だ。

 エンディング時、現在のエルトン・ジョンの幸せそうな姿に心が休まった。