『僕のヒーローアカデミア』の丸太炎上事件は違法アップロードからって本当?→調べたら中国で大炎上してた

集英社は名前を変更することをお知らせ。筆者キャプチャ

 『週刊少年ジャンプ』で連載中の漫画『僕のヒーローアカデミア』が、韓国や中国を中心に炎上しています。ネット上ではこの炎上に対し、「違法アップロードしたものを読んで怒っている」との逆批判も起きています。

 本当にそうなのか? 炎上の流れと、違法アップロードコンテンツが実際に流出しているのか調べてみました。

『僕のヒーローアカデミア』の丸太炎上事件とは?

 2月3日に発売された『週刊少年ジャンプ』10号の『僕のヒーローアカデミア』259話に登場した人物の名前「志賀丸太」が、旧日本軍の731部隊を連想させるとして韓国や中国で炎上状態となりました。

 炎上を受けて集英社は、「命名にあたりそのような意図はなく、無関係の史実と作品を重ね合わせられることは本意ではないため、コミックス収録時に当該人物の名前を変更することにしました」とのお知らせを2月3日に発表しました。

 この発表後も炎上が収まったとは言い難い状況ですが、問題はこの炎上が『週刊少年ジャンプ』10号が発売される前から起きていることです。

 このため日本の『Twitter』ユーザーのあいだでは「発売より2日前の違法アップロードを読んだ韓国人が怒っている」と指摘するツイートが12,000RTされるほど拡散し、「海賊版ユーザーの抗議に対応する必要はない」といった声も出ています。

 ただ、拡散しているツイートはテキストのみのため真偽の判断ができません。そこで本当に違法アップロードされているのか、海外ではどのような炎上状態なのかを調べてみました。

違法アップロードコンテンツはたしかにあった

 結論から先に書きますと、違法アップロードコンテンツは発売から4日前の1月31日から存在していました。

1月31日に投稿されていた違法アップロードコンテンツの該当箇所。韓国語で「シガマルタ 個性なし」と記載。ほかの部分の黒塗りは筆者加工
1月31日に投稿されていた違法アップロードコンテンツの該当箇所。韓国語で「シガマルタ 個性なし」と記載。ほかの部分の黒塗りは筆者加工

 違法アップロードコンテンツのため問題のページをここで紹介することはできませんが、韓国語での掲載を確認しています。そこから中国のサイトにも転載され、拡散していることを確認しました。

 発売日前から炎上しているのは、この違法アップロードコンテンツが原因だと言えそうです。

炎上は中国の方が大きそう

 ただ、炎上そのものは韓国よりも中国の方が大きい印象です。

 中国では漫画の公式配信先の『テンセントコミックス』や『ビリビリ漫画』での配信が停止されたとされるほか(ページが存在していないため確認できず。他のジャンプ作品は掲載されていた)、『ビリビリ動画』ではレビューに大量の低評価と批判コメントが投稿されており、『僕のヒーローアカデミア(4期)』の評価は10点満点中3.7点にまで下がっています。

いわゆる低評価爆撃を受けているレビュー。筆者キャプチャ
いわゆる低評価爆撃を受けているレビュー。筆者キャプチャ

 これは731部隊の犠牲になった人の多くが中国人であること、単純に韓国よりも中国の方が人数が多いことが背景にあるようです。

『僕のヒーローアカデミア』の丸太炎上事件の流れ

  1. 1月31日:韓国語に翻訳された漫画が違法アップロードされる
  2. 同日:中国のサイト「百度(baidu)」のコミュニティに韓国語の違法アップロードコンテンツが転載
  3. 1月31日~2月1日:徐々に「丸太」という名前への批判が大きくなる
  4. 2月2日:炎上状態に。『Twitter』で韓国語による『僕のヒーローアカデミア』批判が展開
  5. 2月3日:『週刊少年ジャンプ』10号が発売
  6. 同日:中国のSNS『weibo』でも『僕のヒーローアカデミア』への批判が炎上状態に
  7. 同日:集英社がコミックス版で「志賀丸太」の名前を変更すると発表

 今回の炎上事件、作者や編集部にそうした意図がない状態であり、違法アップロードコンテンツがきっかけで炎上した流れをみると、なんとも言えない気持ちになります。

 発売後であればここまで炎上はしなかったのではないか(発売前に集英社が対応するのはべつの批判が起きることが予想されるため)、炎上が見え始めた段階で名前を変更する発表を行うことで中国での低評価爆撃は防げたのではないかと思ったりもします。

2月4日20時03分追記

 記事を「海賊版ユーザーによる炎上だからスルーして良い」と取る方が見かけられたため、最後の文章を追記しました。記事は「海賊版があった」との真偽を確認した結果、韓国での炎上よりも中国での炎上の規模が大きくなっていることを伝えるためのものです。