ZOZOTOWN、スマホで足のサイズを3D計測する『ZOZOMAT』発表! 2019年秋冬に登場予定

発表された『ZOZOMAT』。ZOZOTOWNより

 株式会社ZOZOは、スマホで足のサイズを3D計測できる『ZOZOMAT』を6月24日に発表しました。同社サイトZOZOTOWNにて先行予約を受け付けています。

 『ZOZOMAT』はマーカーの描かれたマットの中心に足を置き、そのまわりをスマホのカメラでスキャンすることで足の3Dデータを作成できるサービスです。

 作成された足の3Dデータをもとに、自分の足にぴったりとフィットする靴を探せるという仕組みです。

 ZOZOTOWNは秋冬に予定する『ZOZOMAT』の全国一斉配布にあわせ、靴の販売コーナーを拡大・強化していく予定だと前澤友作社長が自身のTwitterで伝えています。

広がるスマホを使った足の計測

 スマホを使った足の計測については、スポーツ用品メーカーのNike(ナイキ)が今年5月、アプリを使ってぴったりなシューズサイズを提案するサービス『Nike Fit』の提供を開始すると発表しています。

上から写真を撮るだけで足のサイズを計測する『Nike Fit』。Nikeより
上から写真を撮るだけで足のサイズを計測する『Nike Fit』。Nikeより

 『Nike Fit』はまずは7月にアメリカのみで、2019年後半にヨーロッパでの展開が予定されており、今回の『ZOZOMAT』はNikeのサービスが日本で広まる前にZOZOTOWNが日本市場でリードする狙いもあると思われます。