アップル「WWDC 2018」基調講演のライブ配信を発表。日本時間の6月5日午前2時より

ライブ配信を伝えるWWDC2018公式ページ。筆者キャプチャ

 米アップルが、2018年6月4日午前10時(現地時間)に予定している開発者向け会議「WWDC 2018」のプレス向け案内状の送付を開始したと複数の海外メディアが報じています。

 あわせてアップルは「WWDC 2018」の公式ページも公開。今年もライブ配信を行うと告知しています(日本では6月5日午前2時より視聴できます)。

 配信を視聴できるのはiOS 10以降の『iPhone』、『iPad』、『iPod touch』にくわえ、MacOS Sierra 10.12以降の『Mac』、『Apple TV(第2世代)』、そしてWindows 10のブラウザ『Microsoft Edge』です。

 ただし、今年からなんとブラウザ『Chrome』と『Firefox』の最新バージョンでも視聴できるとのことなので、例年よりも視聴できる人が増えそうです。

 今年のWWDCではiOS、macOS、tvOS、watchOSの次期バージョンや、MacBook Pro、iMac、12インチのMacBook、そして注目のiPhone SE 2が発表される可能性があると噂されています。