iPhone6以降のバッテリー交換が日本でも開始。3,200円で希望者全員が対象に

iPhone6以降のユーザーであれば誰でも3,200円でバッテリーを交換できます(写真:ロイター/アフロ)

 バッテリーの劣化による突然のシャットダウンを防ぐため、Appleが古いiPhoneの性能を意図的に下げていた問題で、Appleは「iPhone6以降のiPhoneを持つ希望者全員」にバッテリーの交換対応を行なうと発表しました。

 通常、バッテリー交換はバッテリーの蓄電容量が本来の80%未満にまで劣化しているのを確認できたユーザーのみが対象となります。

 しかし今回の件では、先行実施されているアメリカでバッテリーの蓄電容量が80%未満ではないユーザーに対してもバッテリーの交換対応を行っていることが確認されています。

 まだ日本では交換プログラムが始まっていなかったためどのような対応になるのか不明でしたが、年明けにAppleから正式に「iPhone 6以降をお持ちの方全員に対してバッテリー交換を行なう」と発表がありました。

 さらにAppleストアに問い合わせたところ、日本でもすでに交換プログラムが始まっているとのことでした。

 これによりバッテリー交換を希望されるiPhone6以降のユーザーの方は、2018年12月まで通常8,800円かかるバッテリー交換を3,200円(税別)で行えます。

 最近、お使いのiPhoneが重くなったと感じられる方はAppleストアに足を運んでみると良いでしょう。

バッテリーの交換対象となるiPhone一覧

  • iPhone 6
  • iPhone 6 Plus
  • iPhone 6s
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone SE
  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone 8
  • iPhone X