iPhone 7ではヘッドホン端子が廃止? 理由は薄型化のため

従来のヘッドホン端子は新iPhoneにとって厚すぎる?(写真:アフロ)

 次期iPhoneの『iPhone 7(仮)』について、とんでもない情報が飛び込んできました。なんと、ヘッドホン端子(イヤホン端子)を廃止する計画が進められているとのことです。

 この情報を発信したのは、様々な業界筋から情報を得ている国内のマック系ニュースサイト『Macお宝鑑定団 blog』。その信頼度は高く、ここがそう言うならそうなる可能性は高いです。

 次期iPhone 7から、ヘッドホン端子が廃止? | Rumor | Macお宝鑑定団 blog(羅針盤)

ヘッドホン端子の廃止で1ミリ以上薄型化

 Appleがヘッドホン端子を廃止する理由は、薄型化のためとみられています。

ヘッドホン端子は世界標準規格のため、穴を小さくすることが難しく、これを廃止することで、さらなる本体の薄型化を目指す方向のようです。

出典:次期iPhone 7から、ヘッドホン端子が廃止? | Rumor | Macお宝鑑定団 blog(羅針盤)

Apple VS Flashの再来か

 ではBluetoothといった無線接続のみになるのかと思いきや、ヘッドホン端子ではなくLightningコネクタ形式を採用する模様です。

 Macお宝鑑定団では、従来のLightningコネクタとはべつにもう1つ搭載するとの話ですが、この仕様変更が実際に起きた場合、これまで使っていたイヤホン・ヘッドホンはBluetooth搭載でないかぎり通常では使えなくなってしまいます。

 各メーカーが変換アダプタを準備するとは思われますが、ほかのスマホメーカーも薄型化を追った場合、従来のヘッドホン端子と新規格のどちらが標準で採用されるかは分かりません。すでに高級ヘッドホンでは、各種ケーブルを着脱できるようになっています。

 この変更は、かつてスティーブ・ジョブズがAdobeのデベロッパーに対する方針を嫌い、iPhone・iPadからFlashを排除した事件を彷彿とさせます。数年後、Flashはモバイルの世界から撤退することとなりました。

 今回のヘッドホン端子の変更計画、事実なら世界標準が変わる瞬間を再び目にできるかもしれません。