『iPhone 6s』の写真は動き出す!驚きの機能『Live Photos』とは?

写真を押すとそのときの様子が再生されるLive Photos機能

『iPhone 6s/6s Plus』ではiSightカメラが12メガピクセルにアップグレードされ、より美しい写真が撮れるようになっています(センサーも改良されました)。

しかし、驚きの進化はそれだけではありません。なんと、撮った写真が動き出すのです。

この機能は『Live Photos(ライブフォト)』と呼ばれ、カメラをライブフォトモードにして写真を撮影するだけで、撮影時の被写体の動きとサウンドが記録されます。

ライブフォトモードで撮影した写真は、「3D touch」機能を使って再生することができます。

『iPhone 6s』で使える感圧タッチ「3D touch」機能とは?(篠原修司) - 個人 - Yahoo!ニュース

もちろんLive Photos以外にも、4Kビデオの撮影やセルフィー向けのRetina Flash搭載など、さまざまなアップグレードが行われています。