新幹線の指定席が空いていればそこに座って良いか、悪いかをめぐってネットの片隅が炎上していました。結論から先に申し上げますと「座りたければ金払え」なんですけど。

【新幹線】空いている指定席は誰のもの? - Togetterまとめ

この炎上は、人間環境大学の芦田宏直副学長がTwitterへツイートした書き込みが発端で起きたものです。

全文を読みたい方は上記リンクを確認して頂くとして、まとめると以下のような感じになります。

芦田氏は新幹線の指定席を購入していたが、ビックカメラに寄りたくなって新幹線の指定席をキャンセルし、自由席に変更した。その後、ビックカメラでヘッドフォンの視聴を行うも満足できず、結局、予定していた新幹線よりも遅い新幹線に乗車することとなった。

その際、新幹線に乗るために走って疲れていたとの理由から、空いている指定席に着席した。すると車掌が「自由席に移動してください」と言ってきたため、自由席への移動もしたくないほど疲れていた芦田氏はその指定席を購入した。

ただ、そこから「指定席が購入できるのであれば空いているのだから、このまま座っていても良いのではないか」との持論を展開した。

出典:【新幹線】空いている指定席は誰のもの? - Togetterまとめ

このツイートにネットの住民は猛反発。まとめページには「こんなの相手にするんだから車掌さんて大変な仕事やな」、「買ってもいない指定席に座れるメンタル凄い。自分には絶対無理だ」などのコメントが書き込まれていました。

なお、過去には作家の渡辺淳一氏が同じようなことを書いていたことがあります。

堅すぎる車掌さん | 渡辺淳一オフィシャルブログ(ウェブサイトが削除されているためリンク先は魚拓)

車掌さんは大変だ

この「空いてたら指定席は座っていいだろ」問題。ボクからすると信じられないことなのですが、以下の記事の元車掌さんが語るには結構いるそうです。だいたい40代以上の男性に多いとか。

元車掌が語る指定席問題

匿名の記事ですが、面白い事例集が掲載されています。

「そこ自分の席なんですけど」 ← 指定席持ってる側がまずこう声をかけますよね

そこから色んなパターンに発展するんですが頻繁に起るのを箇条書きにすると

・「あんた若いんだから立ってろ」

・「自分は足が悪いから譲ってくれ」

・「もう自分が座ってる 指定席代払うからそれでいいだろ」

・席は渡すけど隣に立って睨み続ける

こんなパターンがメインです。

出典:元車掌が語る指定席問題

さらにはレアパターンとして「『すまんね、今変わるから』といって30分かけて席を立つ人」、「「貴様と俺とは~♪同期の桜~♪」と軍歌を歌い出してごまかすお爺ちゃん」など、本当にイロイロといるようです。

あまり新幹線に乗る機会はありませんが、買った席にほかの人が座っていたらイヤですし、どいて貰ったとしてもその人の体温が伝わってくる席はちょっとお断りしたいです。

皆さんも指定席は買ってから(もしくは車掌さんが来たら買う予定で)座りましょう。