ワタミ前会長、渡辺美樹氏がナチュラルに公選法違反。選挙前に動画で応援呼びかけ、週刊文春がスクープ

週刊文春スクープの動画で応援を呼びかける渡辺美樹氏。筆者キャプチャ

ワタミになにか恨みでも抱いているんじゃないかと思うほどワタミバッシングを続ける週刊文春が、ワタミ前会長の渡辺美樹氏の公職選挙法違反の証拠となる動画をYouTubeに本日アップしています。

動画では渡辺美樹氏が「自民党の公認を得て国政に挑戦すること」「参院選で自民党が勝つことが国民の幸せいなること」「その挑戦を応援して欲しいこと」を語りかけています。

その動画がこちらです。

渡辺美樹・ワタミ前会長「公選法違反」証拠ビデオ公開 | スクープ速報 - 週刊文春WEB(2013年7月3日)

もちろん全文を書き起こしました。

さて、今日はですね。皆さんにちょっとお話があります。それはですね、もうマスコミ等で知っているかと思いますが、今回ですね、僕は、自民党の公認を得て、国政にですね、挑戦することになりました。僕は今回は、ずっととは言いませんよ、今回の参院選は、絶対に自民党が勝ってですね、そして、安定政権を作って、そして日本を正しい姿に導いていく。政治の目的が国民の幸せならば、私は今回の参議院選、自民党が勝つことが国民の幸せに一番大きな力を、一番大きな影響を与えると、そう思っています。今回、ひとつの挑戦を始めさせていただく、それについてみんなに話をしたくて、今回はビデオレターを送りました。ぜひ、応援をして貰いたいと思います。また、みんなと直接会ってですね、話をできることを楽しみにしています。今月のビデオレターは以上です。

出典:渡辺美樹・ワタミ前会長の公選法違反証拠ビデオ公開 【週刊文春】 - YouTube

短くまとめると「今回僕は、自民党の公認を得て、国政に挑戦することになりました。今回の参議院選、自民党が勝つことが国民の幸せに一番大きな力を、一番大きな影響を与えると、そう思っています。ぜひ、応援をして貰いたいと思います」となります。

これが公選法違反でなくて、何が公選法違反になるのでしょうか?

安倍政権はこのままワタミ前会長、渡辺美樹氏を自民党公認で擁立するのでしょうか。そして選挙管理委員会は、この動画に対してどういった対応をするのでしょうか。自民党はまだしも、選管すら動かないようであればこの国にはもう法はないも同然です。

2013年参議院選挙の公示日は明日、平成25年7月4日木曜日です。