この秋は「美女×ゴルフウェア」で勝負か…韓国のゴルフウェア市場競争がし烈

ユ・ヒョンジュ(写真提供:KANG MYEONG HO)

夏の酷暑も薄れ、秋の訪れを感じる季節になった。気候の良い秋シーズンにゴルフを楽しもうという方々も多いことだろう。

この時期は新たにゴルフウェアを新調しようとする人も多いため、ゴルフウェアメーカーが宣伝・広報に力を入れるシーズンでもある。それはお隣・韓国でも同じだ。

特に韓国ゴルフウェア市場は2011年2兆ウォン(約2000億円)から2017年4兆ウォン(約4000億円)台へと成長しており、「多数の業界関係者が今年は5兆ウォン(約5000億円)を超える」(『毎日日報』)と予想しているほど、堅調な伸びを見せている。

美女×ゴルフウェア

それだけに、ゴルフウェアメーカーの競争もし烈だ。

近年、需要が高まっているのが若い女性向けのゴルフウェアということもあり、人気女優や美女をモデルにしたイメージ戦略に力を入れているメーカーが多い。

(参考記事:グラビア特集「美女×ゴルフウェア」の破壊力。韓国ゴルフウェア広告が夢のようなかわいさ

一方で、女優ではなく本物のプロゴルファーをモデルに広報活動を展開しているメーカーもある。

ユ・ヒョンジュなど美女ゴルファーも参戦

例えば、CreaS F&C社のゴルフウェアブランド「MASTER BUNNY EDITION」はつい先日、2018年秋冬シーズンのグラビアを公開。契約するプロゴルファーに自社の新製品を着用してもらい、その写真を広告宣伝に使っている。

その一人は来季の日本女子ツアー参戦を目指して、10月下旬のセカンドクォリファイングトーナメント(QT)に駒を進めた“次世代セクシーゴルファー”のユ・ヒョンジュだ。

(参考記事:“次世代セクシーゴルファー”ユ・ヒョンジュは、アン・シネを超えられるか

ユ・ヒョンジュだけでなく、韓国美女ゴルファー“神セブン”キム・ジャヨンもモデルとして参加しているということで、MASTER BUNNY EDITIONのグラビアは各種メディアに取り上げられている。

興味深いのは、若い女性向けのゴルフウェアは何もゴルフをするときだけに着用する目的で作られているわけではないということだ。

女性ゴルフウェアブランド「J.JANE」は、9月上旬に新商品を発表。日本で女性服のデザイン経験を積んだというハ・ジヒョン代表は、韓国メディアにこう話している。

「普段着として着用できるデザインとカラーを使った視線を虜にするゴルフウェアで、(ゴルフウェア業界に)愉快な反乱を起こしたい」

美ボディ女子が火をつけた“アスレジャー”人気

背景には、美女トレーナーのイェ・ジョンファら“美ボディ女子”たちの登場で韓国で高まっている“アスレジャー”人気があるだろう。

“アスレジャー”とは、「アスレチック(運動)」と「レジャー(余暇)」を組み合わせた造語で、スポーティーな要素を取り入れたウェアを普段着としても着こなすファッションスタイルのこと。

もともとアメリカで火がついたが、韓国でも近年、ブームになっている。

(参考記事:美しすぎるフィットネス美女たちが牽引する韓国のアスレジャー人気

いずれにしても、秋の到来とともにゴルフウェア市場の競争もますます激化していくことだろう。ゴルフシーズンだけに、ゴルフウェアにも注目してみたい。