韓国セクシー美女の祭典「ミス・コリア」は今年も審査基準が変わらないのか

一昨年のミス・コリア選抜大会(写真提供=KANG MYUNG HO)

今年の韓国No.1の美女を決めるミスコンが行われる。7月4日に開催される「ミス・コリア選抜大会」だ。

開催前から話題を集めており、つい先日もミス・コリア選抜大会に出場する候補者たちが水着でプロフィール撮影を行ったことが、韓国メディアに大きく報じられていた。

(参考記事:【画像】“ミス・コリア”候補者32人がセクシー水着で大集合!! 「ここが地上の楽園か」

それほど韓国国内でも注目が高いということだが、その報道を見て頭に浮かんだのは、今年もミス・コリアは例年と変わらないのかという疑問だ。

ミス・アメリカでは廃止となったが…

というのも、例えばアメリカの有名ミスコンテスト「ミス・アメリカ」は、今年から水着審査を廃止すると発表している。100年近い歴史を持つミスコンに変化が訪れており、「もう容姿で判断しない」としたことで話題となった。

対照的にミス・コリアでは、今年も水着プロフィール撮影を行っており、例年通りであれば水着審査も行われることだろう。

(参考記事:ゴージャス撮20連発!! 第60回ミス・コリア選抜大会の麗しき受賞者たち

報道によれば、セクハラや性被害を許さない「#MeToo(私も)」運動の広がりのなかで、ミス・アメリカは“美人コンテスト”でなくなるという。

韓国でも「#MeToo」運動が盛り上がりを見せており、有名映画監督や詩人、俳優が次々と告発されるだけでなく、自殺者が出る事態にまで発展しているだけに、ミス・コリア選抜大会にもなんらかの影響があるのではないかと考えていた。

しかしミス・コリアは、主催者側が発表している通り、あくまで「韓国を代表する美人を選ぶイベント」として行われるのだ。

ミス・コリア選抜大会の主催で、韓国メディアの『韓国日報』は、昨年のミス・コリアで上位に入った女性に、水着審査について聞いている。「ミス・コリア善(ソン=2位)」に選ばれたチョン・ダヘは、こう答えていた。

「体も芸術的に見せることができると思います。ブラジルのサンバを踊るダンサーの衣装は水着に似ていますが、誰も何も言いません。衣装が問題なのではなく、“34-25-36(インチ)”といったように体の部位ごとの数字を出して、それを放送で“理想的な体つき”などと呼んでいることが問題だと思います」

こういった声が広がって今後は改善されていくのかもしれないが、今回のミス・コリアも参加資格は潔いほどはっきりとしている。

今大会の参加資格は、「韓国国籍所有者」「1992年1月1日~2000年12月31日の生まれ」「未婚女性」。さらに「結婚や出産経験があってはならない」という。年齢のみならず、結婚歴なども厳しく制限されているわけだ。

さらに参加者たちは各地域の予選を勝ち抜き、約4週間の合宿を経て、本大会で審査を受ける。そんな厳しい審査のなかで選抜されているからこそ、これまで数多くの女優やタレントを輩出できたのかもしれない。

(参考記事:ミス・コリア出身女優に現役アイドルも!! 韓国メディアが選ぶ“デコルテ美人”TOP4

近年は出場者の整形疑惑なども問題視されているが、相変わらず高い注目を集めているミス・コリア選抜大会。時代の趨勢があるなかで、どのような変化や評価となるのか注目してみたい。