児童扶養手当を貰うため、窓口での屈辱ー児童扶養手当問題(1)

写真はイメージです(写真:ペイレスイメージズ/アフロイメージマート)

シングル家庭に支払われる児童扶養手当について、多くの声が寄せられています。

共通しているのは、皆さんがとても怒っていらっしゃることです。これまで税金で手当てをいただくのだから、離婚したのだから、仕方がないと屈辱感に耐えていらっしゃった。けれども、このところのニュースを受けて、「私一人ではなかったんだ」「なんとか変えなければ!」という思いをされています。

また高松市での事件をあげられているかたがとても多いです。市の男性職員が、女性宅に夜間、2か月にわたって複数回調査にあがりこみ、寝室、トイレや浴室まで確認し、タンスの中の衣類をスマートフォンで撮影した事件。結果として被害者の女性はうつ病になってしまいました。あの事件をわがことのように感じていらっしゃる方が、とても多いです(母子宅、男性市職員が1人で夜訪問 調査原因でうつ病に)。

児童扶養手当の窓口は、地方自治体ですから、自治体によって異なり、どのような運用がなされているのかが把握されていないと思います。これから何回かにわたって、児童扶養手当について書かせていただきたいと思います。

今の窓口のやり取りは、とてもひどい状況になっています。お便りをいただいたAさんのメールを一部、転載させていただきたいと思います。とてもまとまって素晴らしく書けていて、下手に私が手を加える必要がない、むしろそのまま読んで欲しいと思いました。

**

私は現在個人事業主です。雇用されて働いていたこともありますが、子育てや体調の問題などで現在はこの働き方で落ち着いています。収入は不安定ですが確定申告もきちんと行なっており、児童扶養手当はマイナンバーと紐づけられておりますので、年収は完全に把握されています

本来、児童扶養手当の手続きにおいて預金額の申告や通帳の提出はいらないはずですが、現況届の際、ほぼ毎回預金額を聞かれて来ました。そして養育費が満額支払われなくなってからは、通帳(額面部分)のコピーも要求されて来ました。

元夫から養育費は離婚後1~2年は支払われていましたが、その後勝手な遅延や減額を繰り返され、現在では連絡も取れずに不払いの状態になっています。

養育費が払い込まれていた口座は、日常の他の支払いにも使用しております。通帳は個人情報の塊であり生活が丸見えになるために、私は通帳の提出に抵抗があります。

元夫から養育費が不定期になり勝手に減額されるようになった翌年、その旨を現況届提出時に申告しましたが、上記の理由から通帳の提出はしませんでした。その結果、養育費は満額支払われているということでしか申告は受理されず、児童扶養手当は減額されました

それでも当時は通帳のコピーを提出してどんな状態でかわからない管理をされるよりはいいと考えました。理不尽とは思いましたが、通帳提出に抵抗がある以上これはまあ仕方がないかとも思いました。

その後元夫からの養育費はどんどん不定期になり、やがて全くゼロとなりました。ゼロにもかかわらず満額支払われているということで現況届を出すわけにも行かなくなり、昨年はとうとう通帳のコピーを提出せざるを得なくなりました。交渉の末、役所提出のコピーは、養育費以外のところは黒塗りにしてもらいましたが、その前に担当職員に目視されました。不払いを証明するために個人情報を出さなければいけない、不払いの証明責任をこちらで負わなければならないことなど理不尽だと思うことは沢山ありますが、これも仕方がないと飲み込みました

我慢の限界を超えたのは、今年の現況届で通帳と家計状況の提出の要求をされた時です。昨年、養育費ゼロの証明は通帳提出で済んでおりますので、養育費関連での通帳要求はありませんでした。しかし全く理不尽としか言いようのない理由で通帳提出を求められました。区役所職員によると、理由は「収入が少ないから」だそうです

今年の現況届では、まずあらかじめ記入した書類のやり取りをした後、預金額と収入が少ないがどうやって生活しているのかを聞かれました。実は子供のためにと思って2人分の学資保険をなんとか続けて来たのですが、生活が苦しく昨年そのうちの一つを解約しました。その解約払戻金を収入の不足分に当てて来た、と事実を話しました。ちなみにこの話は昨年もしています。

預金がほとんどないが今後はどうするかというようなことも聞かれ、大きなお世話と思いましたがもうすぐ満期のもう一つの学資保険があるということも話し、その金額も聞かれたので本当に必要なのかと疑問に思いつつも話しました。

すると職員は今回初めて見る書類を持って来ました。いわゆる家計簿のような用紙で、収入と支出の内訳(食費、教育費、家賃、光熱費etc.)などと記入する書類でこれを書けと言われました。こんなことまで申告する必要があるのかと不信感を覚えましたが、早く終わらせたい一心で大体の費用を思い出しながら全て記入しました。収入より支出が数万多い赤字ですが、その補填はもう話してあるので問題ないはずだと考えていました。

その書類を記入後、職員と交わした会話を思い出しながら書きます。

職員「収入より支出が数万多いがこれはどうしていいるんですか」

私「すでにお話しした通り、学資保険の解約払戻金で赤字を補填しています」

ここで収入と支出などの家計状況についてはくどいほど細かく聞かれました。児童手当と児童扶養手当が何万で、他の収入が何万で…ということだけではなく、学資保険の解約払戻金の額やいつ解約したかなどかなり時間をかけて聞かれました。私はいずれもここまでの詳しく返答する必要はあるのかと訝しく思いながら事実を話しています。一通りの質疑応答の後、職員はこう言いました。

職員「どうしてこういうことを聞くかというと、収入が少ないからです。誰かに援助を受けているのではないかと思うので、こういう質問をしています。誰か援助してくれる男性がいるんじゃないんですか?

私「いません!」と否定すると(もちろん事実です)

職員「それでは、学資保険の解約払戻金の記載された通帳を今持っていますか?持っていたら提出してください。」

と当たり前のように言われ、この辺りで堪忍袋の切れました。もともと個人情報満載の通帳を提出させることをあまりに軽く扱う自治体の対応には以前から疑問を持っていました。現況届のたびに本当に必要なのかと思いつつ、それでも事実を話しているにもかかわらず、家計にまでくどくどと口を出された挙句あらぬ疑いをかけられたこと、こちらの人権などないような物言いについに我慢の限界に達しました

そして爪に火を灯すようにして暮らしていることをこのように責められる言われはないと思い、こんな感じで怒りが爆発してしまいました。

私「私は何か悪いことをしましたか?収入が少ないからですか。謝ります。収入が少なくてすみませんでした!でもこれ以上個人情報を話したり通帳を提出したりする必要があるとは到底思えません。」

するとその職員は上司らしき人所へ行き、しばらく話をしていました。そして戻ってくると何事もなかったようにこう言いました。

職員「提出書類に問題はないので、これで受理します。」

こちらとしてはもう呆れてものも言えませんでした。つまり相手が怒り出したら必要なくなる書類だったわけですね。一体どういう基準なのでしょう?

本当に必要なのか、こんなことまで聞かれるのはおかしいんじゃないかと言っても、現況届の運用は各自治体に任されている、適切な調査だというばかりで済まされてしまいます。私も何度もそういう役所側の言い分を耳にしました。どんな屈辱的な調査が行われようと、現状シングルの私たちが異議を申し立てることはできません。現況届を出す度に、私たちの人権など手当を受けている以上塵のように軽いもので、役所の職員が必要だと言う調査は何でもありだと言われているような気がします。

**

Aさんは今後、インターネットでの発信をされるつもりだそうです。ぜひにと思います。今現状がどうなっているのか、当事者の方たちの声が必要です。とくに、「現況届」は自治体によってばらつきがあり、おそらく厚生労働省も把握しきっていないのではないでしょうか。

このような窓口の現状を知るにつけ、国による統一的なルール作りが必要だと思わざるを得ません。あなたはどう思われますか?

ご意見は、sendayuki(あっとまーく)gmail.comまで。

【過去の児童扶養手当についての記事はこちらです】

シングルマザーが8月に憂鬱になるわけ 役所の現況届、これでいいのか

シングルマザー、手当をもらえなくても妊娠報告義務はある? 児童扶養手当の現状届の現状

シングルへの児童扶養手当を廃止せよ! 調査で鬱に追い込む現状とは?

児童扶養手当の現況届の罰ゲーム 食事や相手の家への訪問回数まで報告?