IPC(国際パラリンピック委員会)は19日、2024年に行われるパリパラリンピックで、22競技合わせて「549」のメダル種目を実施すると発表した。参加アスリートは4400人に上る見込みで、539種目だった東京パラリンピックより10種目増加。そのうち女子の種目は、東京大会より8種目多い235種目となる。

ボッチャやバドミントンのメダル数が増加

IPCはかねてより、女子と重度障がいのアスリートを増やす方針を掲げており、東京大会では男女混合で争ったボッチャの個人戦を男女に分けた。また、視覚障がい者による柔道はこれまで全盲から弱視まで障がいの程度が違う選手が一緒に戦っていたが、パリ大会では2つのクラスでそれぞれのメダルを争うことになる。

また、東京大会から採用されたバドミントンテコンドーなどで実施種目が増える。

日本がメダルを獲得した種目への影響は?

東京パラリンピックで13個の金メダルを獲った日本代表選手団にも影響がありそうだ。

陸上競技の佐藤友祈(T52/車いす)は1500mと400mで2冠を達成したが、パリ大会では1500mがなくなる。種目が減った佐藤は、大矢勇気が銀メダルを獲得した100mに参戦するか。

同じ陸上競技では永田務が銅メダルを獲得した男子マラソン(T46/上肢障がい)が除外された。

柔道は瀬戸勇次郎が銅メダルを獲った体重別の階級が減るため、今後、有力選手の階級変更もあるかもしれない。

一方、競技人口の少ない種目の中で、日本選手最年少メダリストとなった水泳の山田美幸が出場した女子100m、50m背泳ぎ(S2/運動機能障がい)、東京大会の最終日に道下美里が金メダルを獲得した女子マラソン(T12/視覚障がい)などは、パリ大会でも変わらず実施される。

団体競技で特筆すべきは、車いすバスケットボール。種目数は変わらないが、日本代表が銀メダルを獲得した男子の出場枠が12ヵ国から8ヵ国になることが発表された。男子日本代表は直近の2019アジアオセアニアチャンピオンシップスで4位だったが、同地域で1位にならなければパリ大会への出場すら難しくなる。