ロシアの10代の学生ら、VRと音楽でアウシュビッツ絶滅収容所を表現した作品を製作

(写真:ロイター/アフロ)

 2020年1月27日、アウシュビッツ絶滅収容所がソ連軍によって解放されて75周年を迎えた。第2次大戦時にナチス・ドイツによって約600万人のユダヤ人、ロマ、政治犯らが殺害された、いわゆるホロコースト。ポーランドにあるアウシュビッツ絶滅収容所では約110万人がガス室で殺害されたり、空腹、病気で死亡した。

 ロシアのメディアRTはデジタルアートプロジェクトとして、モスクワの14歳から16歳の学生9人によるVR(仮想現実:バーチャル・リアリティー)でアウシュビッツを表現した作品「Lessons of Auschwitz」を公開した。世界的な電子楽器作曲家のピーター・テルミンが作曲を担当した音楽と学生らが表現したVRでアウシュビッツの世界観を表現している。デジタルアーティストのデニス・セミオノフ氏とスタジオ・フィジタリズムのアドバイスも受けて、学生らは数カ月にわたって制作。その間に、モスクワのユダヤ博物館でホロコーストについて学習をしたり、映画「シンドラーのリスト」などを鑑賞。またポーランドのクラクフにも訪問して博物館を見学。

VRの中で表現された白黒世界の中に出てくる赤いコートを着た少女(RTのVRより)
VRの中で表現された白黒世界の中に出てくる赤いコートを着た少女(RTのVRより)

 デニス・セミオノフ氏は「我々は戦争中に最も辛く、大変な思いをしてアウシュビッツ絶滅収容所で生き残った人々の記憶を子供たちに示したかった」とコメント。15歳の学生は「私は『シンドラーのリスト』の白黒映画の中に出てくる赤いコートを着た少女のインパクトが強かったので、VRの中でも表現したいと思いました」と語った。他の学生らもアウシュビッツを訪問して作品へのインスピレーションがかき立てられた。

 戦後75年が経ち、ホロコースト生存者も年々減少している。今までは収容所での悲惨な写真や映像による記憶の伝達が行われてきた。さらに生存者が存命で記憶力と体力があるうちに、当時の証言をインタビューしてデジタルで記憶を保存し後世に伝えようとしている。またホロコーストに関わる映画は毎年欧米で製作、上映され、ホロコースト時代の様子を現代に伝えている。様々なメディアを通じてホロコーストの表現方法も多様化が進んでおり、今回のモスクワの学生らが製作したVRによるアウシュビッツ絶滅収容所も新たなホロコーストの表現方法の1つである。

▼Lessons Of Auschwitz (VR Project teaser)