上映から25年「シンドラーのリスト」北米でリバイバル

(Schindler's List)

「新たな世代にも見てもらいたい」

 1993年に公開されたスティーブン・スピルバーグ監督の映画「シンドラーのリスト」が今年で上映25年を迎える。それを記念してアメリカとカナダで2018年12月7日から「シンドラーのリスト」がリバイバル上映される。「シンドラーのリスト」はナチスドイツがユダヤ人を迫害していた第2次大戦時に、ユダヤ人を工場労働者として雇用することによって、ユダヤ人を救ったドイツ人実業家の実話を元にしたホロコースト映画の代表的な作品。アカデミー最優秀作品賞・監督賞を受賞するなどスピルバーグ監督の代表作でもある。

 ユダヤ人であるスピルバーグ監督は「もう最初に上映してから25年が経つとは信じられない。ホロコーストは決して忘れてはいけない重要な問題だ。『シンドラーのリスト』は、現在でも人種差別や民族差別の問題において重要である。再び、観客の皆様がスクリーンで映像を見てくれることを誇りに思います。『シンドラーのリスト』は20世紀において、最も重要な映画の1つで、新たな世代にも見てもらいたい」とコメントしている。

南カリフォルニア大学ショア財団研究所は教育用映像も無料で提供

 スピルバーグ監督はユダヤ人だが、アメリカに生まれたため、彼自身はホロコーストを経験していないが、南カリフォルニア大学にショア財団研究所を設立するために、多額の寄付を行っている。1994年に設立された南カリフォルニア大学ショア財団研究所は、20年以上にわたって、ホロコーストに関するあらゆるデータや生存者の証言を集めてデジタル化して保存したり、録画した証言をYouTubeで全世界に配信したりしている。またホロコーストだけでなく、アルメニア、ルワンダやグアテマラの大虐殺など55,000以上の証言を集めている。またデジタル化された映像をホロコーストの教育に活用している。

 南カリフォルニア大学では、今回の「シンドラーのリスト」リバイバルに合わせて、無料で高校生向けのホロコースト教育用の動画を製作して配布する。映画「シンドラーのリスト」は、ホロコースト時代のユダヤ人のゲットーでの生活、差別や迫害、強制収容所の様子などを描いており、映像を通じて世界中の人々にホロコーストのインパクトを与えた。

 もちろん、映画なので史実に基づいているとはいえ、映画の構成上のストーリーもある。1993年に「シンドラーのリスト」が製作された時、脚本作りのために、シンドラーに救われたユダヤ人ミーテク・ペンパー氏はスピルバーグ監督と面会した。その中で、例えば映画の中で親衛隊員の登場が少ないのは登場人物が多すぎると観客が着いてこれなくなること、収容所での子供に対する残虐行為の描写は大幅に縮小したことなどを明らかにしている。このように映画は映画として製作・撮影されているが、それでも映像を通してホロコーストを知らない世代に、当時の様子を伝えている。

 スピルバーグ監督は「南カリフォルニア大学ショア財団研究所は、世界最大のホロコースト関連のデータや情報を収集しているキュレーション機関であり、とてもユニークなポジション。人種差別や民族差別に関する教育用デジタルコンテンツも多く提供している。ショア財団研究所で収集したホロコースト生存者らの証言は非常に重要で、人種差別問題を考えるのにとても重要なものばかりだ」と語っている。

▼「シンドラーのリスト」25周年オフィシャル・トレイラー