オランダ、世界初「音楽が流れる道路」住民からのクレームで撤去

(BBC)

スピード違反の抑止に期待されていたが

 オランダのフリースラント州の道路沿いに、自動車のスピード違反への注意勧告のために音楽が流れた。時速40マイル(約65キロ)を超えて走る自動車が通過すると、フリースラントの州歌が流れる。音楽を聞いたドライバーが「スピードを出し過ぎている」ということに気が付いて、速度を落とすというものだった。

 フリースラント州のインフラ文化大臣のSietske Poepjes氏は「この道路は、同州のレーワンデルン市が2018年の欧州の文化都市に指定されたことをプロモーションするために導入した」と述べていた。

 世界初の「音楽が流れる道路」として注目されていた。本当に音楽によって、自動車は速度を落とすのか、効果があるのだろうかと結果も期待されていた。

効果が出る前に近隣住民からのクレームで撤去

 だが、この世界初の試みだった「音楽が流れる道路」は自動車の速度低下の効果よりも先に、近隣住民からのクレームが多く、撤去されることが決まった。たしかに動画を見ると、音楽はうるさい。近隣住民にとっては音楽というよりも騒音だ。道路では24時間、自動車が通るので、深夜にも音楽が流れる。

 しかもスピードを出している自動車は、この音楽(騒音)を避けるために余計にスピードをあげるようだ。近隣住民は眠れないと言っている。自動車でスピードを出している人に気がつかせることが目的だから、音量も大きい。住民にとっては常時、大きな音楽を聞かされたら堪らないだろう。

 導入と撤去の費用が合計で8万ユーロ(約1000万円)かかったとフリースラント州のスポークスマンは述べている。同時に「これはドライバーがどのような反応し、速度低下するか実験するものだった。でも私自身が近隣住民だったら、たしかに不快だ。撤去したので、再び静かな街になる」ともコメント。「音楽が流れる道路」、導入前に住民からのクレームは予想できなかったのだろうか。

▼世界初のオランダでの「音楽が流れる道路」と撤去を報じるイギリスのDaily Mailニュース