Googleイスラエル、エイプリールフールに「味覚API」公開:人気料理フムスの好みがわかる

(Google Israel) 

 Googleイスラエルは2018年4月1日に、エイプリールフール動画として「味覚API」を開発しているという動画を公開した。イスラエルや中東地域の人気料理「フムス」。日本人には馴染みのない料理だが、イスラエルには約2万軒のフムスを提供するレストランがあるが、個人の好みに応じたフムスを提供してくれるレストランがわかるAPI(Application programming interface)を開発したという内容。

 Googleが開発した「taste stick(テイスト・スティック)」と呼ばれるスティックを口の中に入れて、個人個人の味覚の確認も行い、各人が好きな味のフムスを提供してくれるレストランがどこにあるかがわかるようになる。個人の味覚の情報、各レストランが提供するフムスの味をGoogleクラウドに集積して、機械学習を通して、個人の味覚にあうフムスを提供してくれるレストランを教えてくれるようになるというもの。

 動画の中に登場する女性は「このAPIが登場するまでは、自分の味覚にあったフムスを見つけることはできなかった。このAPIのおかげで、私の好きなスパイシーなフムスを見つけることができる」と述べている。

 また動画にはテルアビブ市長のRon Huldai氏も登場して「テルアビブは、料理とテクノロジーの街。イノベーティブなアイディアだ。人々が自分の好きなフムスの味を簡単に見つけられて、みんながハッピーになれる。フムスのレストランも繁盛する」とコメントしている。

 Googleイスラエルは、この味覚APIはイスラエルの人気料理フムスだけでなく、「ローマではピザ」「メキシコではタコス」にも活用できると述べている。現在ではまだ「エイプリールフールのネタ」だが、近い将来、Googleは本当に「味覚API」を提供し、個人の味覚にあったレストランを教えてくれるようになるのだろうと思えてくる。