Twitter、テロ関連のアカウントを6カ月で約30万件削除

(写真:ロイター/アフロ)

 Twitterは2017年9月19日に「2017年上期の透明性レポート」を発表。同レポートはTwitterが半年ごとに公開しており、今回で11回目。

 同レポートによると、2017年1月~6月の半年間で、Twitterは「テロを助長する」関連のアカウント29万9,649件を削除したことを明らかにした。2016年7月~12月よりも、テロ関連アカウントの削除件数は20%減少したそうだ。

 テロ関連アカウントの削除要請は、政府などからの要請が多い。だが今期はTwitter社内の解析ツールで検出して削除したアカウントが74%増加して、削除したアカウント全体の95%を占めていた。また削除したテロ関連アカウントのうち75%は、最初の投稿前に削除できたそうだ。

2年間で約93万件のテロ関連アカウント削除

 Twitterによると、2015年8月から約2年に渡って削除しているテロ関連のアカウントは合計93万5,897件になる。Twitterは、国際的なテロリスト組織と関連する暴力行為を煽動する恐れのあるアカウントを削除している。

 TwitterはYouTubeやFacebook、マイクロソフトとともに2017年6月、テロリスト対策を目的とする「Global Internet Forum to Counter Terrorism (テロに対抗するグローバルインターネットフォーラム)」を形成。テロに関する情報共有、テロ関連コンテンツの検知と削除での協力、政策支援に向けた協力を行っている。

 現在は誰もがスマホを所有するようになり、TwitterだけでなくFacebookなどのSNSのアカウントは簡単に無料で作成することができる。テロ関連の情報だけに限らないが、SNSへの投稿は簡単だし、情報の伝達もあっという間だ。アカウントを削除されても、次から次へとアカウントを変えていき、いたちごっこになってしまっている。またテロを煽動するようなコンテンツは、Twitterのような短文伝達ツールよりも、YouTubeのような動画の方が視覚に訴えるためインパクトがあり、情報伝達力があるので効果的だ。そのような動画を拡散するのにTwitterは使用されている。