2016年もGoogle無双:これからの注力はYouTube、クラウド、ハードウェア

(写真:ロイター/アフロ)

Alphabetは2017年1月26日、傘下のGoogleの2016年第4四半期(10~12月)と2016年通期の決算を発表した。

2016年通期では初の10兆円超え

Alphabetの2016年第3四半期の連結売上高は前年同期比22%増の260億6,400万ドル(約3兆円)で、純利益は8%増の53億3.300万ドルだった。Alphabetの売上の99%以上がGoogleだ。そのGoogleの売上高は前年同期比22%増で258億200万ドルで、営業利益は17%増の78億8,300万ドルだった。そしてGoogleを支える広告収入は同17%増の224億ドルで、Googleの売上の約86%を占めている。従来からの広告依存のGoogleの売上構造は変わっていないものの、以前は90%以上が広告の売上だったから、広告以外の売上も着実に増加していることが伺える。また、2016年通年での売上高は前年比20%増の902億7,200万ドル(約10兆3,000億円)、純利益が19%増の194億7,800万ドルだった。

Googleの売上と広告収入(Alphabet発表資料を元に作成)
Googleの売上と広告収入(Alphabet発表資料を元に作成)

Google事業にはGoogleの検索やYouTube、Android、アプリ、クラウド、Google Play、ハードウェアなどが含まれる。特にモバイル検索やYouTube、広告が成長をけん引していることも、最近の決算発表と大きな変化はない。今回は売上、利益ともに過去最高を更新した。

「それ以外の事業」はGoogle Fiber、Calico、Nest、Verily、GV、Google Capital、Xなど多額の投資が必要な事業だ。売上高は前年同期比75%増の2億6,200万ドルだったが、営業損失は10億8,800万ドルの赤字だ(前年同期は12億1,300万ドルの赤字)。NestやGoogle Fiberなどの売上は好調だったものの、まだ赤字は続いている。

その他売上高と損失(Alphabet発表資料を元に作成)
その他売上高と損失(Alphabet発表資料を元に作成)

これからの注力は「You Tube」「クラウド」「ハードウェア」

サンダー・ピチャイCEOは決算と今後の事業のポイントとして「You Tube」「クラウド」「ハードウェア」の3点をあげた。

YouTubeは言うまでもなく世界最大の動画プラットフォームで、Googleにとっても重要な稼ぎ頭の1つだ。今後はモバイルでのリアルタイムのストリーミング(生中継)、360度動画、VRなどに注力していくことを明らかにした。また途上国などでデータ速度に制限がある地域での対応強化も図っていくことや、有料チャンネルYouTube Redの積極的な推進も行っていくことによってGoogleの収益の柱として更なる強化を図っていきたいところだ。

2番目のクラウド事業の「G Suite」も2016年9月にクラウド系サービスを統一して新たなブランドとして出発し、Slackやインテルなど多くのパートナーと提携している。

最後に3番目の「ハードウェア」としては、Googleブランドのスマホ「Pixel」、Google Assistantを搭載した自宅用の音声アシスタントデバイス「Google Home」などがクリスマスシーズンの販売が好調だったことを明らかにした。AIによる音声アシスタントデバイスはGoogleだけでなくAmazonの「Amazon Echo」や他にも世界各地で多くのメーカーからホームロボットなども登場しており、これから熾烈な競争が想定される市場だ。モバイル検索や動画(YouTube)では「Google無双」だが、家庭での音声アシスタントデバイス市場での戦いはこれからだ。

Google Home紹介動画