Pepsi、中国でスマートフォン販売か:年間4億台以上出荷の競争激しい中国スマホ市場

(写真:ロイター/アフロ)

2015年10月12日、Pepsiが中国でスマートフォンを販売することが明らかにしたと報じられた。

数日前からPepsiが中国でスマートフォン「Pepsi P1」を販売するという噂が報じられ、その画像がリークされて世界中に拡散されていた。

(中国でリークされたPepsiのスマートフォン)
(中国でリークされたPepsiのスマートフォン)

数か月以内にPepsiは中国のみでスマートフォンとアクセサリーを販売する予定とロイターへのインタビューに回答している。Pepsi自身は携帯電話メーカーでないから、OEMでブランドを使用するライセンス供与を行うことになる。

■全世界のスマホ出荷の32%にあたる年間4億台以上スマホが販売される中国

中国では出荷される携帯電話の90%以上がスマートフォンだ。中国で2014年に1年間で販売されたスマートフォンは前年比 20%増の4億2,070万台である。全世界で出荷されたスマートフォンが約13億台だから、そのうち中国での出荷が占めるのは32.3%である。

高価でブランド力のあるiPhoneは見栄っ張りで新しいモノ好きの中国人に大人気である。他にもXiaomi(小米)、レノボ、Huaweiといった地元メーカーの端末も出荷台数は多い。他にも、サムスンなどグローバルメーカーが中国でスマートフォンを販売しているが、サムスンは2014年に大きくシェアを落としており、非常に競争が激しい市場である。

中国での2014年のスマホ出荷のメーカー別シェア(IDC発表を元に作成)
中国での2014年のスマホ出荷のメーカー別シェア(IDC発表を元に作成)

■Pepsiは「炭酸飲料」としてのブランドはあるが

まだPepsiから正式には具体的な販売時期、スペック、価格などは述べられていないが、リークされた時の価格は1,299元(約25,000円)と報じられていた。iPhoneのような高価な端末ではないが、ミドルエンドの価格帯で決して安価ではない。Pepsiのスマートフォンはいったい何が特徴で、いったい何ができるのだろうか。Pepsiは「炭酸飲料」としてのブランド力はある。米国インターブランド社による「世界ブランドランキング2015」でもPepsiはブランドランキング24位である(ライバルのコカコーラは3位)。しかし、炭酸飲料のPepsiとスマートフォンとイメージが結びつきにくい。中国でPepsiブランドのスマートフォンは果たして売れるのだろうか。