マイクロソフト音楽配信「Zune」完全終了:音楽はスマホで聴く時代にマイクロソフトは生き残れるのか

(写真:ロイター/アフロ)

マイクロソフトは2015年11月15日で音楽配信サービス「Zune」を完全に終了することを発表した。

2006年にAppleの音楽端末「iPod」に対抗して、マイクロソフトからも音楽端末「Zune」が販売された。当時まだiPhoneもなかった頃で、マイクロソフトはAppleをライバル視していた。しかし実際にはAppleの「iPod」の方が圧倒的に人気が高く、世界中で販売されたことは周知の事実である。

(2006年にアメリカで販売されたマイクロソフトの「Zune」端末)
(2006年にアメリカで販売されたマイクロソフトの「Zune」端末)

「Zune」端末自体は2011年10月に開発、生産が終了していた。日本では「Zune」端末が販売されなかったことから、「Zune」は日本人にはほとんど馴染みのないサービスだが、アメリカでもほとんどの人が当時からiPodを利用していたため、「Zune」を知らないアメリカ人はたくさんいる。

今後「Zune」は、マイクロソフトが提供している音楽配信サービス「Groove」に統合される。以前は「Xbox Music」という名称で提供されており、2013年12月からは日本でもサービスを開始していたが、2015年7月に「Groove」と名称を変更して現在に至っている。

■競争厳しいスマホ向け音楽配信サービス市場

そして現在では、音楽は音楽端末からスマートフォンで聴く時代になってきた。「iPod」ですらAppleの売上全体の中では10%にも満たない。世界的にはAppleは「Apple Music」、Googleは「Google Play Music」などもスマートフォン向けの音楽配信サービスを開始しており、日本でもLINEやAWAなどのサービスが登場している。1人でいくつもの有料音楽配信サービスを利用するよりも、自分の好きなサービスだけをを利用している人が多いだろう。また無料なら利用するけど、有料なら聴かないという人も多い。スマートフォン向けの音楽配信サービスは世界中で非常に競争が激しい市場である。

マイクロソフトはAppleに対抗して2006年から音楽端末の販売と配信サービス「Zune」を行ってきたが、決して成功しているとは言えない。「Zune」から「Xbox Music」、そして「Groove」へとマイクロソフトの音楽配信サービスは変遷を辿ってきているが、現在の「Groove」が他の音楽配信サービスと比べて、大きな差別化や価格での優位性があるわけではない。世界中でこれだけたくさん存在している音楽配信サービスの中から「Groove」を選んでもらうためには広告宣伝などのマーケティング費用もかかるだろう。世界中の消費者にとってマイクロソフトのイメージは「パソコン」や「ビジネス向けのクラウド」であり、コンシューマー向けサービスのイメージが弱い。

「Zune」がひっそりとその幕を閉じたが、マイクロソフトにとってスマートフォン向け音楽配信サービスの未来は決して平坦なものではない。